「緊張して話せない…」奥手な男性が好きな人の前でとる行動9パターン

いわゆる「草食系男子」を筆頭に、男性のなかには、自分から女性にアプローチできない奥手なタイプもたくさんいるのではないでしょうか。そんな彼らは「好きな人」を目の前にすると、周囲から見ると「?」と思ってしまうような、不思議な行動をとってしまいがちです。そこで今回は、スゴレン男性読者への調査結果を参考に、「奥手な男性が好きな人の前でとりがちな行動9パターン」をご紹介します。

【1】好きな人に面と向かうと、話し方がぎこちなくなる

好きな人と向かい合っている恥ずかしさと緊張で、まともに話せなくなってしまうパターンです。「相手の表情をうかがってばかり。相手の意見に対して『いいね』とか『そうだね』しか言えなくなる」(10代男性)、「緊張しすぎて顔面がこわばってしまう。口と喉がカラカラに渇く」(20代男性)のように、好きな人の顔を見るだけで緊張状態になってしまう奥手男性は少なくないようです。


【2】好きな人に対して猛烈に早口で質問してしまう

好きな女性と話せるチャンスに舞い上がってしまい、興奮して一方的に質問しまくってしまうパターンです。「相手について知りたいことが多すぎて、ここぞとばかりに質問を連発してしまう」(20代男性)、「無言になるのが不安で、一人で喋りまくってしまう」(20代男性)という意見のように、「憧れの存在」的な女性の前で、挙動不審気味な話し方になってしまうケースは多いようです。できるならば、男性を落ち着かせるために、ゆっくりしたリズムで返答してあげるとよいのではないでしょうか。


【3】集団だと喋れるが、二人きりになると無口になる

普段、グループで行動しているときは気軽に喋れるのに、二人きりになった途端に無口になるパターンです。「友達と一緒ならキャラを作れるけど、二人きりになると素に戻って緊張してしまう」(10代男性)という意見のように、男友達などが周りにいる状態では強気でいられるものの、素の自分に戻ると弱気になる男性は意外と多そうです。二人きりで過ごす時間を増やすことで、男性の緊張もほどけていくかもしれません。


【4】相手をじっと見つめて、目が合いそうになると逸らす

自分から声を掛けない代わりに、好きな女性のことをじっと見つめるパターンです。「見ているだけで幸せを感じる。目が合ったら不審に思われそうなので逸らします」(20代男性)、「なんとなく視界に入る距離にいて、向こうから話しかけて貰うのを待つ」(20代男性)という意見のように、「見つめる」タイプの男性は、恋愛に対して完全に「受け身」の姿勢でいることも少なくありません。この場合、女性側も受け身タイプだと、接点を持つのはなかなか難しそうです。どちらかに勇気が必要でしょう。


【5】相手の前で、男友達と過剰にはしゃぐ

飲み会などのシチュエーションで、好きな女性の前で過剰にはしゃぐパターンです。「直接話しかけるのは無理なので、テンション上げて芸とかしてます」(20代男性)、「自分の存在をアピールするために、男同士でやたらと大声でしゃべりまくる」(30代男性)など、好きな女性の前で目立とうとするのは、モテたい男性の基本行動と言えそうです。男友達が多く、女性に対してのみ奥手なタイプに多いアピール方法でしょう。


【6】気持ちを悟られないよう、わざとクールに振る舞う

「好き」という気持ちを悟られることを恐れ、女性に対して無関心に接する(フリをする)パターンです。「好きな子にどう接していいか分からないので、逆に無関心っぽくなってしまう」(20代男性)、「自分が職場の先輩という立場なので、バレたら困る。クールに徹してます」(20代男性)という意見のように、普通に接しようと意識するあまり、過剰にそっけなく振る舞う男性は意外と多いようです。


【7】直接だと話せないが、メールばかりたくさん送る

直接の会話はあまりないのに、やたらとメールばかり送ってしまうパターンです。「顔を見ると照れる。メールでなら楽に会話できるので、ついたくさん送ってしまう」(20代男性)という意見のほか、「自分と話しているところを人に見られたら、相手に迷惑なんじゃないかと思うから」(30代男性)など、やや控えめな意見も。相手からの一方的なやりとりにならないように、女性側も配慮してあげる必要がありそうです。


【8】メールの返信にやたらと時間がかかる

好きな女性からのメールに対して、返信する内容をじっくり考えすぎてしまうパターンです。「いいイメージを与えたくて、文面にやたらと気を使ってしまう。それで返信が1日後になったりする」(20代男性)、「女性に慣れている風を装ってメールを打って、『これ誰が書いたんだよ…』という文章になってしまったりする。送信ボタンがなかなか押せない(20代男性)」など、メールひとつでも真剣に考えすぎるあまり、優柔不断に見えてしまう点も、奥手男性の特徴といえそうです。


【9】嫌われたくないあまり、相手に近づかなくなる

恋愛らしい何かが始まる前から、失敗を想定して相手と距離を置いてしまうパターンです。「相手がまぶしすぎて、絶対に嫌われたくないので、極力近づきません」(20代男性)、「自分から近づいて行って、ダメだったときが怖すぎる。それなら、自分から距離を置いた方がマシ」(20代男性)など、あまりにも消極的に聞こえるものの、決して少なくない意見です。


「恋愛は男性にリードして欲しい」と考える女性が多い一方で、自分からは踏み出せない奥手男性もまた多いようです。ほかにも「奥手な男性が好きな人の前でとりがちな行動」のパターンがあれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)


関連記事

スゴレンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る