えいせいレッドが子どもたちに正しい知識を教え、コロナーを退治する動画の一場面


 静岡大教育学部の小林朋子教授の研究室などが、子どもたちに向け、戦隊ヒーローが新型コロナウイルスの感染防止を呼び掛ける動画「健康戦士コロタイジャー」を作成し、ホームページで公開している。 

不安な子どもたちに正しい知識を

 感染拡大で不安を抱く子どもたちに正しい知識を提供し、勇気や思いやりについても育んでほしいと企画。公衆衛生学や発達心理学、臨床心理学を基に、法政大の渡辺弥生教授や静岡県舞台芸術センター(SPAC)有志と製作委員会をつくった。

 コロタイジャーは「コロナ」を「退治」という願いを込めて命名したヒーローで、悪役「コロナー」を倒すために必要な戦い方を教えてくれる。


わかりやすく「3密」 英語字幕も

 最初に公開された「えいせいレッド編」では、正しい手洗いマナーやせきエチケット、「3密」(密閉、密集、密接)を避ける必要性を、子どもたちに理解できる、やさしい言葉で分かりやすく紹介。英語の字幕が付いている。

 26日からは、人とつながる思いやりについて考える「おもいやりピンク編」の公開も始まった。今後は免疫を大事にする方法を伝える「めんえきホワイト編」などを公開していく予定だ。

 小林教授は「子どもたちが新型コロナウイルス対策に『ヒーロー』となって主体的に取り組んでもらうきっかけになれば」と話している。

[元記事:東京新聞 TOKYO Web 2020年4月30日]