(長壁綾子撮影)


 ゆきちゃんがポストをのぞくと、空色の封筒に、空色の便せんの手紙が届いていた。そこには、たった一言「もうすぐ はるがきます」。

 さらさらと風が吹く。乾いた砂のにおい、ちょっと甘い、いいにおい。ゆきちゃんは、初めて「春」を知る。夏も秋も冬も…。ゆきちゃんの元に、季節を知らせる便りが届く。

 子どもの頃、季節の移ろいをどう感じていただろう。こんな時だからこそ、ゆきちゃんのように、柔らかな感性で季節が変わっていく瞬間を感じ取りたい。

 1540円。岩崎書店=電話03(3812)9131。