写真

死亡した女児が母親の梯沙希容疑者と暮らしていたアパート=7日午後、東京都大田区で


 3歳の長女を自宅に放置して死亡させたとして、警視庁捜査1課は7日、保護責任者遺棄致死の疑いで、東京都大田区蒲田の飲食店員梯沙希容疑者(24)を逮捕した。「間違いない」と容疑を認めている。1課は日常的に育児放棄していた可能性があるとみて、死亡に至った詳しい状況を調べている。

離婚し母娘2人暮らし 交際男性宅から帰宅した日に119番

 逮捕容疑では、6月上旬、長女稀華ちゃん(3)をアパートの自室に残して外出し、十分な食事や水を与えないまま脱水症状と飢餓で死亡させたとされる。

 捜査関係者によると、梯容疑者は数年前に離婚し稀華ちゃんと2人暮らし。6月上旬に8日間、鹿児島県に住む交際男性に会いに行き、帰宅した13日夕、「娘が息をしていない」と119番した。救急隊員が駆け付けると、稀華ちゃんは心肺停止の状態でマットレスに横たわり、搬送先の病院で死亡が確認された。

写真

警視庁蒲田署に入る容疑者=7日午後


 司法解剖の結果、遺体に目立った外傷はなかったが、虐待や強いストレスを受けたときに見られる胸腺の萎縮の所見があった。

 捜査関係者によると、稀華ちゃんの体重は標準より約3キロ軽く、胃の中は空に近い状態だった。おむつを替えないことでできたかぶれもあり、室内には大量のごみが散乱していた。

 稀華ちゃんの遺体発見後、梯容疑者は自殺を図って入院し、1課は回復を待って逮捕した。逮捕前の事情聴取には「娘と一緒にいたが、数日前から体調が悪く、ご飯を食べなかった」と説明したという。

驚く近隣住人「子どもの姿さえ見たことない」「泣き声や物音も聞こえなかった」

 現場のアパートの住民らは、子どもの姿さえ見たことがないと口をそろえ、3歳の女の子が8日間も部屋に1人だったことに驚きを隠せない様子だった。

 梯容疑者宅の隣に住む女性は「子どもの存在は知らなかった。泣き声も大きな物音も聞こえなかった」と話す。事件発覚後に訪ねてきた捜査員から、死亡したのが女児だと聞かされたという。女性は「3歳じゃ助けを求めることもできないはず。母親は誰かに世話を頼んだりしなかったのか」と憤った。

 上の階に住む会社員男性(48)も「泣き声はもちろん、遊ぶ声も聞こえなかった」と稀華ちゃんの存在に気付いていなかった。「8日も放置するなんて信じられない。なぜ泣き声が聞こえなかったのか。泣くこともできなかったのか」

[元記事:東京新聞 TOKYO Web 2020年7月8日]