JRが山陽・芸備線などで再開、運転計画発表

JRが山陽・芸備線などで再開、運転計画発表

電車の運転見合わせ区間について、復旧が長期間にわたる見込みであることを現状写真と共に発表していたJR西日本が、

各路線の一部で再開の見込みであることや、そのスケジュールを2018年7月19日に発表しました。

JR西日本は、「平成30年7月豪雨」の影響で駅構内や線路への土砂流入、盛土流出などにより広島・岡山などを中心に中国地方の多くの在来線で運転を見合わせています。

“平成最悪の豪雨被害” とも呼ばれる中、ここ1週間で以下の線区が運転を再開しています。

・伯備線/総社〜豪渓
・山陽線/笠岡〜福山、舞鶴線/綾部〜
・山陽線/岩国〜柳井、津山線/岡山〜玉柏・野々口〜津山
・山陽線/福山〜三原、因美線/用瀬〜智頭
・西舞鶴〜東舞鶴

今後の広島地区の各線区の運転予定は以下の通り。


関連記事

おすすめ情報

広島ニュース 食べタインジャーの他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

広島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索