NEXCO西日本が山陽自動車道の西条IC 〜 志和IC間へ新設申請していた「八本松スマートIC(仮称)」に対し、国土交通省が許可したと2020年10月23日に発表した。

八本松スマートIC(仮称)の設置は、志和ICから約6.4km、西条ICから約4.6kmの地点に予定されています。

東広島市では山陽自動車道の開通後に企業立地が進展しており、今後も新たな企業進出の受け皿となる産業団地の建設を検討中。

スマートICを整備をすることで、高速道路へのアクセス向上や、企業立地の促進・産業の活性化にも期待する。

また、八本松スマートIC(仮称)が設置で、高速道路(山陽自動車道)から西条バイパスへアクセスも便利になり、現在建設中の「道の駅 西条 のん太の酒蔵」へも近いことから、道の駅を玄関口とした東広島の観光活性化も期待されています。