緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ油断できない現在、今回は家電による「おうちのジム化」にトライ。タレント・女優で新米主婦の奈津子さん。元アイドルながら、家電が好きすぎて、家電製品アドバイザーの資格も取得。そんな家電を愛してやまない奈津子さんの連載「忙しいママ・パパ向け、家電女優奈津子のおきらく家電ライフ」第5回。

蓄えた脂肪をどうにかしたい!

家電女優の奈津子です。ステイホーム期間中に蓄えた脂肪が中々落ちないという方、多いのではないでしょうか。私自身、テレビ画面に映る自身のぷっくりした顔の丸さに最近は反省しきりです…。そこで始めたのが、家電による「おうちのジム化」で隙間時間のダイエットです。

有酸素運動でまずは脂肪燃焼


まず取り入れたのが「TOP.STAR」の無摩擦式マグネット制御スピンバイク。(実勢価格:33,000円)
デザインはちょっとラグジュアリーなヤン車のよう。屋外でのジョギングは暑さがそろそろ限界だろうと感じて思いきりました。

数多くのエクササイズバイクの中から選抜した決めて手は「使用中の静音性の高さ」と、「本体にスマホや本、PC等を設置できるスペースが設けられている点」、購入者のレビューを読み込み「比較的、丈夫(壊れにくそう)」だと思ったから。いざ郵送されてきた時には組み立て工数の多さでめげそうになりましたが、結論から言って2ヶ月経過した今はとても満足しています。

ペダルの重さはネジを左右に回して調整


まず使用中の静音性が確かに高いんです。我が家は賃貸なので、ご近所への騒音を危惧していましたが、今のところ全然大丈夫。ペダルをどれだけ強く漕いでもほとんど音がしません。静音性のヒミツは、ホイールまわりに強力な永久磁石を使用して非摩擦式の負荷制御にして回転させているところ。テレビの音も問題なく聴こえるので、ドハマりしているNetflix『愛の不時着』を号泣しながら観つつエクササイズしていました。

タブレット置き場まで


本までセット!


またタブレット置き場でPCやスマホ、ipadを置いて仕事したり、本を読んだりできるのがやはり最高。疲れ始めてきても「このページ(仕事)が終わるまであと少し頑張ろう」と粘れるんですね。

経験上、ダイエットってこの、あともうちょっとができるか、できないかがとても重要なんです。ながら使いできることで、時短にもなるので生活習慣のなかへ取り入れやすいと思います。

身長は140~180cmまでのユーザーに対応していて、サドルの位置も手軽に変えられるので身長の異なる夫とも共有しています。走行距離やカロリー、心拍数を計測するためのモニターには電池が必要ですが、本体自体はアナログ式のため電力を必要としません。だから電源コードを必要とせず、置き場所をフレキシブルに変えられます(軽くはないですが)。

一日のうちで、使うタイミングは仕事や家事の隙間時間がメインですが、個人的に便利だったのは早朝ロケで朝の5時に起きなければいけなかった時。熱いシャワーを浴びても身体が起きなかったのに、バイクを漕いでいたら数分でシャキッと覚醒できました。

お見せしにくい(笑)なつこ使用中!


週3~4回ほどの使用率で体重はまだ大幅に減ってはいないのですが、夫からは「腰回りから脚にかけてのラインが細くなってきた」と言われてご満悦。自分でも高いヒールの靴が以前よりは様になってきたかな、という感じです。

本体サイズは幅約54.5×奥行約103×高さ117(cm)、重量 は約30kgと決してコンパクトではありませんが、「移動時間・交通費が掛からないジム」が部屋にできる感覚なので非常にオススメです。

シートの上にのせるだけでエクササイズ!


エクササイズバイクは気になるけど、さすがに小さな子供が居るから置けないかも…という方へおすすめのが「ルルドスタイル EMSシート AX-KXL5700」(実勢価格:5,000円)。オーロラ色に輝くこちらのシートは、なんと薄さわずか約1mmのEMSシートなんです。

(本体サイズは約W360×L340×H20㎜。使用するときには付属の霧吹きで本体を少し湿らせてから使います)

低周波・中周波・高周波の3つのモードと8段階の強弱調整ができ、腕や脚など体の気になる部位へあてるとそれだけでしっかり筋肉を刺激しトレーニングしてくれます。見た目はこんなに可愛いらしいのに、使用中は思わず「き、効くううう…」と声がでてしまう程パワフル。
これまでのEMS機器では体に巻き付けるタイプの設計が多かったのですが、これだと使わない時にはクルクルと丸めてコンパクトに収納できるのが魅力です。

クルクル丸めて小さくなる!


またコードレス仕様で軽いからこそ、作業デスクの上でサッと使えたりして使用前の“精神的なハードル”が低く済むのもポイント。プランクやスクワットなどの筋トレやストレッチと併用して使うと更に効果的なので、時間に余裕があるときはそうしています。

なつこ使用中!


筋トレと併用も


気になる脚も


こまめに使っているうちに、少しずつですが手足がシュッとしてきました。これまでのEMS機器では長続きしなかった人でも、これだけ手軽ならきっと続けやすいハズ。エクササイズバイクとEMSシートによる「隙間時間ダイエット」で、ぜひ自粛太りを解消し、夏へ向けて体作りをしてみてはいかがでしょうか?


文・写真/奈津子 

奈津子(なつこ)


Profile
ドラマ「野ブタをプロデュース」で女優デビュー。以降様々な作品に出演。二十歳の頃にはSDN48のメンバーとなり、アイドル業も経験。その際、劇場近くの電気街を通じて家電の魅力に目覚める。卒業後は「家電アドバイザーGOLD等級」を取得し、現在は家電女優として多くのメディアへ出演。私生活ではエンジニアの夫と二人暮らし。テレビ東京系列「開運!なんでも鑑定団」東京FM「スカイロケットカンパニー」レギュラー出演中。