赤ちゃんの顔色がいつもと違う! 原因、病院へ行く前に確認すること、受診の目安やホームケア

赤ちゃんの顔色がいつもと違う! 原因、病院へ行く前に確認すること、受診の目安やホームケア

生後0ヶ月〜3歳ごろまでの赤ちゃん・子どもが「顔色がおかしい」とき、ママ・パパが何をすればいいか、を受診の前後に分けてまとめました。
また、その症状の程度によって、夜間や休日でも受診したほうがいいのか、診療時間まで待って受診すればいいのか、などの判断の目安を示しました。

赤ちゃんの顔色がおかしい原因と気をつけること

顔色の変化も体内からのサインです。体調の変化で血管が拡張して赤くなったり、血のけが引いて青白くなったりします。日ごろの顔色には個人差もあるので、変化に気づきやすいように、元気なときの顔色をよく見ておくことが大事です。

赤ちゃんの顔色が赤いとき

発熱が疑われます。暑さ、衣類の着せすぎの場合も体温が上昇して赤くなります。

赤ちゃんの顔色が黄色いとき

血中のビリルビンという色素が増加するためで、肝臓や胆道の異常が疑われます。

赤ちゃんの顔色が青白いとき

体が冷えたり、熱の上がり際に血管が収縮したり、血液が循環しにくいと青白くなります。痛みなどが強いときも青白くなります。

赤ちゃんの顔色が、どす黒いとき

チアノーゼです。呼吸ができず、血管を通じて全身に酸素を送り込めない重篤な状態です。

考えられる主な病気

・腸重積症(ちょうじゅうせきしょう)
・胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)
・風邪症候群(かぜしょうこうぐん)
・貧血(ひんけつ)
など

顔色がおかしいとき まず確認すること

赤ちゃんの顔色がおかしいとき、以下の項目をチェックしてください。

1.風邪の症状がないかをチェック


熱を測り、鼻水、せき、嘔吐など風邪の症状がないかを確認します。

2.全身の様子を観察


おっぱい・ミルクをよく飲むか、食欲があるか、元気があるか、機嫌のよしあしなどを観察します。

3.呼吸の様子を観察


呼吸がつらそう、苦しそうな様子はないかなどを確認します。

4.うんちの状態をチェック


便秘をしていないか、下痢をしていないか、白っぽいうんちが出ていないか、血便が出ていないかなどを確認します。

顔色がおかしいとき 受診のタイミングをチェック

【緊急受診!!】
 □顔が青白く、ぼんやりしていて意識がおかしい
 □顔がどす黒く、呼吸が苦しそう
 □激しく泣いて、顔が青白くなる

【時間外でも受診】
 □熱が38度以上あって顔が赤い
 □手足が冷たくなって、顔が青白い
 □顔色が黄色く、うんちの色が白っぽい
 □徐々に顔色が悪くなった

■監修:松井潔 先生

神奈川県立こども医療センター 総合診療科部長
2005年より現職。専門各科と連携しながら、総合診療科で治療に努めていらっしゃいます。

●イラスト/仲川かな

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』
※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。


関連記事

たまひよONLINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索