ハロウィンの今夜は、貴重な「満月」です。今年最小満月で、今月2回目の満月(ブルームーン)だけでなく、10月31日に満月になるのは46年ぶりです。気になる夜の天気は、全国的に晴れて、お月見にはピッタリですが、空を見上げる際は、万全な寒さ対策を心がけてください。

特徴1:今年最も小さく見える満月

画像A

きょう31日土曜は、ハロウィン。ただ、今年のハロウィンは、珍しい満月が、夜空を飾るでしょう。珍しい満月とはどういうものか、特徴は3つあります。
1つめは、「2020年で、最も小さく見える満月」ということです。
月は、地球の周りを公転していますが、月の軌道は楕円形をしているため、地球と月との距離は一定ではないのです。また、月の軌道は太陽や地球などの重力を受けて変化するため、近くなる地点や遠くなる地点の距離は、毎回異なります。
今回の満月は、地球の中心から月の中心までの距離が約40万6000キロメートルと、今年最も遠い満月です。地球から最も遠いぶん、今年最も小さく見える満月になります。
ちなみに、今回と逆に、今年最も近い満月は、4月8日でした。実際に、2つの満月を比べて見ることはできませんが、桜が咲く頃の月に思いをはせながら、秋の月を眺めるもの、良さそうです。

特徴2:今月2回目の満月(ブルームーン)

特徴の2つめは、「今月2回目の満月」ということです。
今月は、すでに2日に1回目の満月を迎えていて、今回が今月2回目の満月になります。1か月の間に2回、満月を迎える場合、その2回目の満月のことを「ブルームーン」と呼ぶことがあるのです。欧米では「ブルームーンを見ると、幸せになれる」という言い伝えもあるようです。ブルームーンと言っても、実際の月が青く見えるわけではありませんが、幸せになれるよう願いながら、月を愛でてみてはいかがでしょうか。

特徴3:10月31日の満月は46年ぶり

そして、特徴の3つめは、「10月31日(ハロウィン)に、満月になるのは、1974年以来、46年ぶり」ということです。
ただ、46年前は、ハロウィン文化は、まだ日本に浸透していなかったので、当時は、満月と重なったことを意識していない方も多かったかもしれませんね。ちなみに、次に10月31日が満月になるのは、38年後の2058年です。滅多に出会えないハロウィンの満月を、ぜひ、目に焼き付けていただきたいものです。

今夜の天気は? どこでお月見日和? 注意すべきことは?

画像D

気になる今夜の天気ですが、北海道から沖縄まで、広い範囲で晴れるでしょう。雲が広がっても薄い雲が中心で、風も穏やかなので、お月見日和の所が多くなりそうです。
ただ、注意すべきことは「気温がグッと下がること」です。晴れて穏やかな夜は、冷え込みが強まります。午後9時の気温は、札幌は10℃くらい、仙台は12℃くらい、東京は13℃くらい、名古屋は12℃くらい、大阪と広島は14℃くらい、福岡は16℃くらいでしょう。関東から九州でも、外でずっと立っていると、体が冷えてきそうです。体調を崩さないよう、しっかり暖かくして、珍しい満月を楽しんでください。