11月最後の土曜、天気のポイントは、この時期にしては「強い寒気」が次第に南下することです。このため、盛岡ではすでに今シーズン初めての積雪となりました。日中も日本海側は断続的に雪や雨が降るでしょう。晴れる太平洋側も、冷たい北風が強く吹きそうです。風を通しにくい服装で、お出かけください。

冬によく見られる気圧配置

画像A

28日土曜は、低気圧が三陸沖を進み、本州付近は、西に高気圧、東に低気圧といった「西高東低の気圧配置」になるでしょう。これは「冬型の気圧配置」とも言われ、冬によく見られるパターンです。
等圧線が縦じまになり、間隔が狭くなるので、東北から沖縄にかけての広い範囲で、北よりの風が強まるでしょう。強い風や高い波に、注意が必要です。

天気のポイントは「強い寒気が南下」

画像B

そして、日本付近の上空には、この時期にしては強い寒気が流れ込んできていて、「今夜にかけて、寒気がジワジワと南下する」のがポイントです。
このため、日本海側では、断続的に雪や雨が降るでしょう。北海道は日本海側を中心に雪で、東北北部でも雪の降る所がありそうです。また、本州の日本海側を中心に、大気の状態が不安定になりそうです。落雷や竜巻などの突風、ひょうに、十分な注意が必要です。

雪に慣れている所でも シーズン初めの雪は特に注意

画像C

この強い寒気によって、盛岡では、すでに午前4時に積雪2センチを観測し、今シーズン初めての積雪となりました。
冬の時期に雪の多い所に住んでいる方でも、ひと夏を過ぎると、雪道での車の運転感覚を忘れがちです。シーズン最初の雪は、たとえ雪に慣れている方でも、以下の2つのことに注意が必要です。
① 必ず、スタッドレスタイヤに交換するか、タイヤチェーンを装着しましょう。スタッドレスタイヤは、溝が十分にあるかどうかを、事前に確認してください。あまり使っていないスタッドレスタイヤでも、時間が経てば、劣化が進みますので、シーズン前に点検が必要です。
② たとえ急いでいても、急ブレーキ、急なハンドル操作、急発進、急な車線変更など「急」のつく運転はやめましょう。「急」のつく運転をしてしまうと、車がスリップしやすくなりますので、十分ご注意ください。

晴れる太平洋側も 北風が冷たい

一方、太平洋側では、日中は広い範囲で晴れてくるでしょう。洗濯日和で、窓を大きくあけて、換気をするにも良さそうです。紅葉が見頃の所では、青空とのコントラストを楽しめるでしょう。
最高気温は、きのうより低い所が多いですが、関東だけは、寒気の流れ込むタイミングが遅れるので、きのうより4度くらい高い予想です。ただ、広い範囲で北よりの風が強まるので、気温の数字よりも寒く感じられそうです。体調を崩さないよう、お気を付けください。