19日(火)頃は、日本付近は強い冬型の気圧配置となる。山陰や北陸から北の日本海側を中心に荒れた天気に。暴風雪、大しけ、大雪となる恐れも。20日(水)頃までは全国的に厳しい寒さが続く。

19日(火)にかけて、北海道から北陸は冬の嵐に警戒を

18日(月)から19日(火)にかけて、前線を伴った低気圧が北海道付近を通過し、日本付近は強い冬型の気圧配置になるでしょう。山陰、北陸や東北から北海道の日本海側を中心に広く雪が降る見込みです。沿岸部ほど季節風が強く吹き付け、荒れた天気になるでしょう。大雪になる恐れもあり、積雪がさらに増えますので、交通機関への影響、屋根からの落雪、なだれなどに警戒して下さい。太平洋側は、晴れ間のでる所は多くなりますが、強く冷たい風と共に、北海道や東北、関東甲信の山沿いでは雪雲の流れ込んでくる所がありそうです。なお、空気が乾燥しますので、火の取り扱いやのど元にも十分な注意が必要です。

20日(水)まで、全国的に震える寒さが続く

20日(水)にかけて、日本付近は冷たい空気にすっぽりと覆われる見込みです。朝は氷点下の冷え込みになる所が多いでしょう。気温がマイナス4℃以下になると水道が凍結しやすくなります。北海道や本州の内陸を中心に厳しい冷え込みになりますので、就寝前に水道管の水を抜くなどの対策をしておくと良いでしょう。また、日中も広い範囲で厳しい寒さが続きますので、少しの間の外出でも、寒さ対策は万全になさって下さい。

週末から太平洋側を中心に広く雨

21日(木)から22日(金)は、広い範囲で天気が回復し、厳しい寒さの緩む所が多くなりそうです。ただ、西から次第に天気は下り坂です。23日(土)から24日(日)にかけて、本州の南岸を低気圧が通過するでしょう。九州から近畿は、23日(土)から各地で冷たい雨が降る見込みです。東海から東北南部も、24日(日)は雨で、山沿いでは雪になるでしょう。なお、気温の下がる夜は、平野部でも雪がまじることもありますので、交通機関への影響にご注意下さい。