あす7日(日)は気温が大幅ダウン。関東など最高気温は10℃くらいまでしか上がらず、冬の寒さが戻るでしょう。寒暖差が大きくなりそうです。

7日(日) 関東や東北など寒さ戻る

きょう6日は本州付近には暖かな空気が流れ込んでおり、九州から東北南部は季節先取りの暖かさとなっています。東京都心では21.0℃まで気温が上がり、4月下旬並みの暖かさでした。日中は上着がいらないくらいに。仙台市も15℃を超えて、日差しが暖かく感じられました。
一転して、あす7日(日)は冷たい空気に入れ替わり、寒さが戻りそうです。九州から東北南部にかけては最高気温はきょうより低くなる所が多いでしょう。東京都心は11℃と冬の寒さに。昼間も厚手の上着が必要になりそうです。仙台は6℃までしか気温が上がらず、日中も空気が冷たいままでしょう。寒さ対策が必要です。

来週は?

画像B

来週は春の空気が優勢になりそうです。最高気温は全国的に平年並みか高くなるでしょう。九州から東海では15℃以上の日が多くなりそうです。関東は日によって寒暖差が大きくなりますが、次の週末は20℃近くまで気温が上がるでしょう。
春本番の暖かさの日が多く、季節はグッと進みそうです。桜の開花も平年より早く、開花のトップは福岡などで12日に、東京は15日の予想です。春爛漫の季節はまもなくです。