台風14号 形を変えて東北に大雨もたらす

台風14号 形を変えて東北に大雨もたらす

台風14号(ヤギ)は現在、華中を北上していて、今夜には大陸で衰弱して熱帯低気圧に変わる見込みです。ところが、その後は低気圧に形を変えて、湿った空気を伴い北日本に近づいてくるでしょう。15日(水)は、低気圧や前線が本州付近を通過しますので、広い範囲で雨が降り、東北地方は、16日(木)にかけて大雨となるおそれがあります。

あす14日(火) お墓参りは午前中に

画像A

きょう13日も福島県など東北の南部では、雨雲が発達して、強い雨や雷雨となっているところがあります。福島県いわき市山田では、13日13時42分までの1時間に47.5ミリの激しい雨を観測しました。あすも気圧配置に大きな変化がなく、暖かく湿った空気が流れ込みやすいことから、午後は急に強い雨が降ったり、雷雨となるおそれがあります。お盆のお墓参りは、午前中の早い時間帯がよさそうです。空が暗くなってきたら、早めに安全な建物や車の中に避難するようにしましょう。

15日(水)〜16日(木)大雨のおそれ Uターンに影響も

画像B

今週の中頃は、日本海側を中心に大雨となるおそれがあります。台風14号が低気圧に形を変えて、今週は北日本に近づき、活発な前線が通過する見込みです。暖かく湿った空気を運んでいるため、東北地方では15日(水)頃、北部の日本海側から雨が降りだしてくるでしょう。低気圧からのびる前線が東北地方を南下するため、16日(木)は、広い範囲で雨が降りそうです。特に活発な降水域がかかる日本海側では、雨の降り方がザッと強まったり、雷が鳴ったり、大雨となるおそれがあります。お盆の後半ですので、Uターンに影響をおよぼす可能性もあります。最新の気象情報や交通情報をこまめにご確認ください。

17日(金)〜週末 朝晩は秋の気配

画像C

前線が通過した後は、乾いた空気が流れ込むため、今週の後半は、厳しい暑さはいったん和らぎそうです。17日(金)から週末にかけて、東北北部では最高気温は25度を少し超えるくらいで、過ごしやすくなるでしょう。東北南部でも30度に届く地点は少なくなるかもしれません。これまでのような極端な暑さからは解放されて、朝晩は、秋の気配を感じられそうです。


関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索