成人の日穏やか 連休明け一転、大雪大荒れ

成人の日穏やか 連休明け一転、大雪大荒れ

13日から14日は全国的に晴れて、今年は穏やかな成人の日となりそうです。一方、連休明けは今シーズン一番強い寒気の流れ込む所があり、大雪や大荒れになることもあるでしょう。

土曜は東京で初雪、日曜と月曜はお出かけ日和に

きょう12日(土)、関東の南にある低気圧の影響で、東京都心で初雪が観測されました。本州の南には、別の前線を伴う低気圧があって、晴天と乾燥の続いた太平洋側でも雨が降り、11日(金)まで19日連続で降水のなかった東京都心や横浜にも、ようやく雨雲・雪雲がかかりました。関東の雨や雪は一度止んだ所が多いですが、夜はふたたび雨や雪が降り、箱根や秩父、東京の多摩地方など山沿いを中心に積雪になる所もありそうです。油断をせずに路面状況の変化などにご注意ください。
13日(日)から14日(月・成人の日)は、日本付近は広く高気圧に覆われて、全国的に晴れる見込みです。連休後半はお出かけ日和となり、今年の成人式は穏やかな晴天のもとで開催できるでしょう。晴れ着姿の記念写真も青空をバックに撮影を楽しめそうです。

連休明けは大雪、大荒れの所も

15日(火)になると、高気圧の中心は東へ移動し、低気圧が日本海から北日本に発達しながら近づく見込みです。この低気圧から延びる前線が本州付近を通過し、次第に強い冬型の気圧配置になりそうです。大気の状態が不安定になり、北日本の日本海側では荒れた天気となる所があるでしょう。積雪や樹木への着雪のほか、落雷や突風にもご注意ください。
16日(水)から17日(木)になると、北日本の上空1500メートル付近には、平地でも大雪の恐れがあるマイナス12度以下の寒気が流れ込み、今シーズンこれまでで最も強い寒気の入る所もあるでしょう。積雪が一気に増えたり、風も強まってふぶきとなり、交通機関に影響が出ることもあるかもしれません。西日本の日本海側にも上空1500メートル付近にマイナス6度以下の寒気が流れ込むため、雪の降る所がありそうです。一方、太平洋側の各地はまた晴天と乾燥が続くでしょう。最高気温が10度に届かない所も多く、昼間も厳しい寒さとなる所がありそうです。インフルエンザや風邪に罹らないよう体調管理を万全にし、火の取り扱いにも十分ご注意ください。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索