4月こと座流星群が見頃に 今夜遅くからあす明け方

4月こと座流星群が見頃に 今夜遅くからあす明け方

4月こと座流星群の活動がピークを迎えます。観測のポイントや各地の天気をまとめました。

観測のポイント

4月こと座流星群は、例年4月16日から4月25日頃に観測できる流星群です。活動がピークを迎えると、1時間に5個〜10個程度の流星が出現します。数は少ないですが、明るいものや痕を残すものが見られることがあります。
今年は、残念ながら、条件が良くありません。明るい月があるためです。
街灯などの明かりがなく、ひらけた場所であっても、見られるのは「1時間に5個程度」となりそうです。
流星群の放射点は、22日夜10時頃から北東の空で少しずつ高度を上げ、上の図のように23日午前2時〜3時頃には東北東の高い空へ。ただ、流星はあらゆる方角へ向かうため、観測の最大のポイントは「月を視野に入れない」ように、空を眺めることです。月は「南の空」に昇ってきます。

きょう深夜〜あす明け方 晴れる所が多い

画像B

きょうは、高気圧に覆われてほぼ全国で晴れており、あすの明け方にかけても晴れる所が多いでしょう。
【各地の天気】
●北海道:おおむね晴れるでしょう。渡島半島には少し雲がかかりますが、一時的です。
●東北・北陸:広く晴れるでしょう。
●関東甲信・静岡:曇りや雨と、観測にはあいにくの所が多くなりそうです。ただ、「関東北部山沿い、長野県」は大体晴れるでしょう。
●東海3県・近畿・中国・四国:おおむね晴れるでしょう。所々に薄い雲がかかりますが、観測のチャンスはありそうです。
●九州:曇り空の所が多いでしょう。「佐賀、福岡、大分」は、未明までは雲の切れ間がありますが、明け方には雲に覆われそうです。
●沖縄:曇りや雨で、観測にはあいにくの空模様です。
北陸以北を中心に、流星を見られる所が多い見込みですが、昼間汗ばむくらいになった所も空気がヒンヤリしてきます。
流星の出現は1時間に5個程度、ということで、観測は長期戦となるでしょう。羽織る物に加えて、重ね着のできる物を持ったり、温かい飲み物を用意しておくと良さそうです。


関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索