台風15号記録的な暴風のおそれ 暴風や停電に備えて

台風15号記録的な暴風のおそれ 暴風や停電に備えて

台風15号の接近に伴い、8日夜から9日朝にかけて、関東や東海地方では、最大風速40メートルの風が吹くおそれがあります。暴風や停電への備えを、今一度確認してください。

画像A

台風15号の接近に伴い、関東地方や静岡県では次第に風が強まってきました。
東京都神津島で、午後7時10分に最大瞬間風速40.1メートル、静岡県の石廊崎で、午後6時53分に最大瞬間風速28.2メートルを観測しました。また、東京都心周辺では、江戸川区で午後6時20分に最大瞬間風速13.2メートルを観測しています。

「まだ大丈夫」は禁物!急に風が吹き荒れるおそれ

画像B

8日午後7時、東京都心も、風速15メートル以上の強風域に入ったと見られます。
伊豆諸島や関東地方、静岡県では、すでに暴風に警戒が必要な期間に入っています。記録的な暴風となるおそれがあります。
今はまだそれほど風が強くない地域でも、この後、突然、風が強く吹き荒れたり、突風が吹くでしょう。「まだ大丈夫」と安易に判断せず、これからの不急不要な外出は控えるようにしてください。
8日夜からあす9日の朝にかけて、関東地方や伊豆諸島、東海地方では、最大風速40メートル、最大瞬間風速60メートルの風が吹くおそれがあります。この「最大風速40メートルの風」とは、多くの樹木が倒れたり、場合によっては、電柱や街灯も倒れるおそれがあるほどの強さの風です。走行中のトラックが横転してしまうくらいの強さがあります。屋外での行動は絶対に危険です。

台風接近前の最終チェック 暴風や停電に備えて

まもなく静岡県や関東地方も暴風域に入ると予想されます。今一度、以下の点を確認して下さい。
・家の外に植木鉢など飛ばされやすいものがないか。あれば、固定したり、家の中へ。
(すでに風が強くなっている地域では、無理は禁物。)
・窓や雨戸は、はしっかりと鍵を閉めているかなどを確認を。
・万が一、風による飛来物が飛んできた場合に備えて、カーテンなどは閉めておく。
また、暴風の影響で、夜間に停電が発生する可能性もあります。万が一に停電に備えて、以下の準備もしておきましょう。
・懐中電灯の用意を。
・スマートフォンなどの充電を。充電器も満タンに。
・携帯ラジオの用意を。
・停電により、断水となるおそれも。飲料水のストックや、浴槽に水をためて生活用水の確保を。

暴風に警戒は必要な期間は、関東地方では9日昼頃まで続く見込みです。


関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索