九州 台風17号が今夜かなり接近、厳重な警戒を

九州 台風17号が今夜かなり接近、厳重な警戒を

大型の台風17号は、長崎県五島の南西の海上を北上しています。今後、暴風域を持ったまま北東へ進み、今夜(22日夜)には九州北部にかなり接近する見込みです。暴風や大雨、高波、高潮に厳重に警戒してください。また、きょう(22日)午前中に宮崎県延岡市では竜巻などの突風が発生した模様です。宮崎県や大分県では、突風が発生しやすい状態が続いていますので、十分に注意してください。

台風17号 今夜、九州北部にかなり接近

大型の台風17号は、長崎県五島の南西の東シナ海を北上しています。台風は今後も風速25メートル以上の暴風域を持ったまま、北東へ進む見込みです。今夜(22日夜)には対馬海峡の九州北部の沿岸に近いところを通り、九州北部にかなり近づくことが予想されます。
すでに長崎県の五島地方が風速25メートル以上の暴風域に入っており、きょう22日の夕方以降、夜にかけては、九州の北部を中心に広い範囲が暴風域に入ることが予想されます。
風が非常に強くなり、大荒れの天気となる恐れがあります。風が強まると、屋外は物が飛んできたり、木が折れたりすることがありますので、外出は控えるようにしてください。

大雨 宮崎県で400ミリ超、土砂災害に警戒

画像B

21日からきょう22日午後3時までの雨量は、宮崎県の西米良村で446.0ミリ、熊本県の湯前町横谷で399.5ミリに達しています。宮崎県など太平洋側の地域や、熊本県の九州山地の周辺の地域は、台風に向かって吹き込む南東からの風の影響で、次々と雨雲が発達し、繰り返し激しい雨が降っています。これまでの雨量がかなり多くなっているため、土砂災害に厳重な警戒が必要です。
一方、台風17号の中心を取り巻く活発な雨雲が、長崎県の対馬の周辺などに広がっています。この雨雲は、台風の移動に伴って、今夜(22日夜)にかけて、さらに九州北部に広がってくることが予想されます。
九州の広い範囲で、土砂災害や浸水、河川の増水などに厳重な警戒が必要となります。

竜巻などの突風に注意を

宮崎県延岡市では、きょう22日午前中に竜巻などの突風が発生したとみられ、被害が発生しています。宮崎県や大分県は海上から次々と活発な積乱雲が流れ込んでおり、竜巻などの突風が発生しやすい気象条件が続いています。真っ黒い雲が近づいてくるなど、突風の前兆が見られた時には、頑丈な建物に避難するなど身の安全を確保してください。
なお、延岡市では、2006年に台風13号が東シナ海を北上した際にも竜巻が発生し、家屋の損壊や電車の脱線などの被害が発生しました。

高波、高潮にも警戒

九州の周辺の海域は広く猛烈なしけとなっています。海岸などには近づかないようにしてください。
また、長崎県を中心に今夜(22日夜)からあす(23日)未明にかけて、高潮が発生する恐れがあります。海岸や河口付近で浸水・冠水が発生する恐れがありますので、厳重に警戒してください。


関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索