週間 18日〜19日 低気圧発達 北は再び冬の嵐に

週間 18日〜19日 低気圧発達 北は再び冬の嵐に

きょう15日(金)も、強い寒気や発達した低気圧の影響で北海道は雪や吹雪。18日(月)から19日(火)にかけても、低気圧が発達しながら北日本付近を通過する見込み。

あすの天気

あす16日(土)も、北海道の上空には、この時期としては強い寒気が居座るでしょう。東北や北陸は気圧の谷の影響を受ける見込みです。
【天気】
北海道は、日本海側は雪で、沿岸部を中心に非常に強い風が続くでしょう。車の運転が困難なほどの猛吹雪の所もありそうです。太平洋側とオホーツク海側はおおむね晴れますが、こちらも風が強いでしょう。
東北は、日本海側は朝晩を中心に冷たい雨や雪。平地も雪の所があります。車の運転は路面状況の変化にお気をつけください。太平洋側は、朝までは山沿いを中心に雨や雪の降る所もありますが、昼頃からは晴れ間が広がる見込みです。
北陸は雲が多く、ときおり雨。雷雨になる所もあるでしょう。
関東から九州、沖縄にかけては、おおむね晴れる見込みです。
【気温】
最低気温は今朝と同じかやや高いでしょう。北海道は広く氷点下、東北北部は3度前後、東北南部や北陸から九州にかけては8度前後の所が多い予想です。最高気温は、北海道は3度前後と厳しい寒さが続きます。東北は10度〜13度くらいと、こちらも空気が冷たいでしょう。北陸は15度前後で、雨の冷たさが加わって、体感温度はさらに下がりそうです。関東から中国地方は18度前後、四国と九州は20度〜23度くらいで、日中は過ごしやすいでしょう。沖縄は26度前後の予想です。

あさって以降

画像B

あさって17日(日)は、全国で晴れる見込みです。北海道の強い風も、次第に収まるでしょう。
一転して18日(月)は広く雨となりそうです。低気圧が発達しながら北日本へ近づき、前線が本州付近を通過するためです。はじめは、低気圧に向かうように暖かい南よりの風が吹きます。気温はいったん上がり、関東以西は広く20度を超える見込みです。ただ、18日(月)の後半から19日(火)にかけては、冷たい北よりの風に変わって寒くなるでしょう。北海道は日本海側を中心に雪で、東北北部の平地も雪の降る所がありそうです。低気圧の発達の程度によっては、再び非常に強い風が吹いて、大荒れの天気となるおそれがあります。電車など、交通機関に影響の出る所もありそうです。
20日(水)以降も、北海道や東北は日本海側を中心に所々で雪や雨が降りますが、風は収まってくるでしょう。


関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る