今月末にかけ、本州の南を低気圧が通過。関東地方では27日(月)の午後から雨や雪で、29日(水)頃にかけて風が強まり、荒天のおそれがあります。最新の気象情報を確認して下さい。

最新の気象情報を

画像A

今月末にかけて、本州の南をいくつかの低気圧が通過していく見通しです。そうなると関東で注意すべきは雪。東京都心など平野部で雪が積もると、交通機関に乱れが発生する可能性が高くなります。
最新の情報では、低気圧が近づく27日(月)の午後、関東地方では次第に天気が崩れそうです。箱根など神奈川西部から、埼玉の山沿いなどでは雪が降り、28日(火)午前にかけて大雪になるおそれがあります。気温が低い夜間の降水になるため、東京23区では28日の朝まで雨に雪がまじる可能性があります。今後の動向に注意して下さい。また、29日(水)にかけて沿岸部を中心に風が強まり、29日の午後は広い範囲で雨も強まりそうです。
※状況によっては交通機関に影響のでるおそれがあります。最新の気象情報を確認して下さい。