日本海と本州方面を北上する二つの低気圧の影響で、道内もあす(16日)から冬の嵐となりそうです。買い物や停電などへの備えはきょう(15日)中に済ませるようにして下さい。

湿った雪 局地的に大雪も

道南ではきょう日付が変わる頃から湿った雪が降りだし、あす日中は、各地に雪の範囲が広がります。日本海側北部やオホーツク海側も夜には雪となりそうです。低気圧からの暖かな空気の影響で、広く湿った雪となります。日本海側南部や太平洋側では、湿った雪が一気に降り、あす午後6時からあさって(17日)午後6時までの24時間で、40から60センチと、大雪になる所もありそうです。着雪による停電や農業施設の管理に注意が必要です。また、あすの午後はしだいに風も強まり、日本海側南部や太平洋側西部などでは猛ふぶきとなる恐れもあります。特にあす夕方以降は、大雪や猛ふぶきにより交通への影響が出る可能性もあるため、今後の情報に注意して下さい。買い物や停電などへの備えは、天気の穏やかなきょう中に済ませるようにしましょう。