16日(日)は、九州から東北南部は雨。カミナリが鳴り雨脚が強まることも。東北北部と北海道は雪。17日(月)は、強い寒気が西まわりで流れ込み、九州や四国でも雪。平地で積雪の恐れも。

16日(日) 九州から関東で雨や雷雨 北海道は夜は広く雪やふぶき

画像A

16日(日)は、低気圧が前線を伴って、日本海を発達しながらゆっくり北東へ進む見込みです。また、別の前線を伴った低気圧が、近畿から関東付近を進むでしょう。この低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込みます。九州から関東にかけて、午前中から雨雲がかかるでしょう。カミナリが鳴り、雨脚が強まることもある見込みです。雨脚が強まる地域と時間帯は、九州は朝から昼頃、四国は昼前から昼過ぎ、近畿は昼前から夕方、北陸は昼頃から夜のはじめ頃、東海や関東の雨のピークは2回あり、昼前後と夜です。東北南部も昼頃から雨雲がかかり、夜は本降りになる所があるでしょう。
東北北部は、昼前から雪が降る見込みです。雨になるのは、平地でも一部に限られそうです。東風が次第に強まり、特に太平洋側で雪の降る量が多くなる見込みです。北海道は、道南は午前中から雪が降り、東風が強めに吹くでしょう。雪や風が吹く範囲は、次第に北へ広がります。夜遅くは、全道で雪が降り、ふぶく所もあるでしょう。

17日(月)〜18日(火) 九州で続々と初雪か 警報級の大雪の恐れも

画像B

17日(月)は、日本海の低気圧がゆっくり北海道に近づく見込みです。上空1500メートル付近でマイナス6度以下の寒気が、東北や北陸より先に、九州から近畿に流れ込むでしょう。平地で雪の目安とされる寒気です。さらに、一時的にはマイナス9度以下の寒気が流れ込む予想です。北海道は、雪やふぶきが続き、低気圧の発達の程度や進路によっては、警報級の大雪や暴風雪になる恐れがあります。北陸から中国地方も雪が降る見込みです。九州や四国でも雪が降り、平地で積雪の恐れがあります。九州では、今季、初雪はまだ佐賀以外で観測されていません。続々と初雪になるばかりか、本格的な雪になりそうです。
18日(火)にかけて、上空1500メートル付近でマイナス9度以下の寒気は、北陸や東北付近に流れ込む見込みです。東北にも日本海から雪雲が流れ込み、雪雲は太平洋側にも流れ出すでしょう。九州北部地方では、断続的に雪が降り続き、寒気の程度によっては、平地でも警報級の大雪になる恐れがあります。

落雷や突風の恐れも

17日(月)から18日(火)にかけて、特に注意が必要なのは、17日(月)夜から18日(火)朝にかけてです。上空5500メートル付近でマイナス36度以下の寒気が、山陰付近まで南下するでしょう。松江の上空でマイナス36度以下の寒気となれば、今季最も強いばかりか、2月としては統計開始以来3位以内に入るくらいの強さで、日本海で雪雲を空高くまで発達させます。この寒気の流れ込みは一時的ですが、北海道から山陰にかけて、カミナリが鳴ったり、雪の降り方が強まったりすることが考えられます。突風が吹くこともあるでしょう。
17日(月)から18日(火)にかけて、日本海の低気圧の動きは遅く、予測は難しい状況です。最新の気象情報をご確認下さい。