台風から離れていても要注意 激しい雨

台風から離れていても要注意 激しい雨

6日(日)は、強い台風5号が九州に接近・上陸する恐れがあります。台風本体の雨雲がかかる九州など西日本は厳重な警戒が必要ですが、台風から離れた関東など東日本でも局地的な非常に激しい雨に注意が必要です。

台風から遠くても要注意(激しい雨)

6日(日)は強い台風5号が勢力を維持したまま九州に接近・上陸の恐れがあります。台風の動きが遅いため九州など西日本では長い時間、大荒れとなるため警戒が必要ですが、台風から離れている関東などでも局地的な激しい雨に注意が必要です。台風周辺から暖かく湿った空気が流れ込むため、本州付近は大気の状態が非常に不安定です。特に、太平洋側の南東斜面で雨雲が発達する見込みです。中国・四国から関東、東北南部にかけて、どこで局地的な激しい雷雨が起こってもおかしくない状況です。台風から離れていても油断禁物です。黒い雲が見えたり、雷鳴が聞こえたら早めに避難しましょう。暑いと水辺が恋しくなりますが、「山の雷、川の増水」といって、山で雷雨があると下流の川は晴れていても急に増水することがあるため、注意が必要です。中洲のバーベキュウなど川のレジャーは注意が必要です。また、海もウネリが入り、波の高い状態が続きますのでご注意下さい。

大阪は38度予想

5日(土)は、最高気温が35度以上の猛暑日地点が今年はじめて100地点を超え(108地点)、福岡県前原では38度9分と観測史上1位の値を更新しました。6日(日)は鹿児島など九州南部は厳しい暑さは収まるものの、5日(土)以上に猛暑日地点が増える予想です。福岡など九州北部から北陸にかけて35度以上の猛暑日が予想されていて、大阪は38度予想。山陰や北陸など日本海側はフェーン現象で、鳥取37度、福井36度など体温並みの暑さとなる見込みです。厳しい暑さとなります。熱中症には十分な注意が必要です。

関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索