ヒノキ花粉が本格化へ。花粉症の方は引き続き対策をなさって下さい。この先も寒暖差は大きく、上着いらずの暖かさの日もあれば、厚手の上着が必要な日もありそうです。服装選びにもご注意を。また、今週末は広く雨で雨量が多くなる可能性があり、注意が必要です。

ヒノキ花粉 本格化へ

関東以西ではスギ花粉のピークは越えつつあります。一方、ヒノキ花粉の飛散が本格化してきています。直近のデータがある東京都の多摩地方のデータを見ますと、3月上旬に少ないながらもヒノキ花粉が飛び始めて、3月18日までの累積値は青梅では61.4個/㎠、八王子で48.2個/㎠、府中で58.8個/㎠などとなっています。(東京都福祉保健局東京都アレルギー情報NAVIのデータより)
例年、ヒノキ花粉はスギ花粉に比べて総量は2割程度ではあるものの、ヒノキ花粉が本格化してきていますので、花粉症の方は引き続き対策をなさって下さい。

寒暖差に注意

画像B

この先、寒暖差にも注意が必要です。24日(火)頃までは寒気の影響が続き、空気が冷たく感じられるでしょう。北風が吹いて、いっそうヒンヤリと感じられそうです。その後は暖気が優勢に。26日(木)から気温がグンと上がるでしょう。最高気温は北海道で10度以上、東北でも15度以上の所が多くなりそうです。関東以西では20度くらいまで上がって、季節先取りの暖かさとなるでしょう。日中は上着いらずの暖かさとなりそうです。ただ、29日(日)からはまた寒の戻りとなりますので、厚手の上着も残しておくと良いでしょう。気温のアップダウンの大きい状態が続きます。服装で上手に調節して、体調を崩さないようお気をつけ下さい。

今週末は雨量が多くなる可能性も

今週末は広く雨が降りますが、その雨の降り方にも注意が必要です。26日(木)は九州で雨が降りだすでしょう。27日(金)から29日(日)にかけて前線が本州付近を南下し、全国的に雨が降る予想です。前線に向かって雨雲の元となる暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。九州から関東では太平洋側を中心に活発な雨雲がかかり、この時期としては雨量が多くなる可能性があります。最新の気象情報にご注意下さい。