台風5号 月曜の通勤 西日本大荒れ

台風5号 月曜の通勤 西日本大荒れ

7日(月)は台風5号が四国に上陸する恐れがあります。台風の動きが遅いため中国・四国、近畿など西日本中心に大荒れの天気が長く続き、記録的な大雨になる所も。月曜の通勤は交通機関に大きく影響がでる可能性大。関東も夜は荒れた天気となりそうです。

月曜 四国に上陸の恐れ

7日(月)は、台風5号が四国に上陸し、西日本を北上する恐れがあります。引き通き、台風の動きが遅いため、西日本では大雨や暴風、高波、高潮など大荒れの天気が長く続き、記録的な大雨となる所がありそうです。中国・四国、近畿、東海などでは7日(月)の朝の通勤時間帯、お帰りの時間帯とも交通機関が大きく乱れることが予想されます。台風情報、交通情報をこまめに確認し、早め早めの行動をお願いします。関東や北陸など東日本も午後は次第に荒れた天気となるでしょう。

予想雨量は四国で700ミリ 高潮にも警戒

【九州】7日昼頃まで大雨や暴風に警戒が必要です。午後は鹿児島など南部から天気が回復しますが、これまでの雨で地盤の緩んでいる所があります。7月の九州北部豪雨の被災地をはじめ、引き続き土砂災害などに厳重な警戒が必要です。
【四国】7日の朝に台風5号が上陸する恐れがあります。7日の夜にかけて、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降り、記録的な大雨となる所があるでしょう。7日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で四国の太平洋側で700ミリ。瀬戸内側で500ミリ。その後も降り続け8日18時までに、さらに50ミリから100ミリ予想されています。また、8日までは大潮の期間で潮位が高くなっているため高潮にも警戒が必要です。満潮時刻は、高知港は7日午前5時13分、18時32分。沿岸部の低い所では浸水や冠水に警戒して下さい。
【中国地方】7日夜遅くにかけて雷を伴った非常に激しい雨が降るでしょう。7日18時までに予想される雨量は多い所で180ミリ。暴風に警戒し、山陽では高波に警戒して下さい。広島港の満潮時刻は午前9時16分、22時04分です。
【近畿】7日未明から8日にかけて非常に激しい雨が降り、近畿中部や近畿南部では猛烈な雨が降る恐れがあります。傘がまったく役に立たず、道路は川のようになり車の運転は危険です。7日18時までに予想される雨量は多い所で400ミリですが、8日にかけてもさらに200ミリから300ミリ予想されています。また、7日夜のはじめ頃から8日にかけては台風の接近と潮位の高い大潮の時期が重なるため高潮にも警戒が必要です。
【東海】7日は南東または南に開けた斜面を中心に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降る所があるでしょう。7日18時までに予想される雨量は三重県など多い所で600ミリの予想です。河川の増水や氾濫、低い土地の浸水、土砂災害などに警戒が必要です。

関東や北陸 午後は次第に荒れる

関東や北陸も7日(月)午後は次第に雨となり、夜は雷を伴い非常に激しく降る所があるでしょう。台風の動きが遅いため、8日にかけて大雨や強風、高波の影響が長引く恐れがあります。今後の台風情報に十分な注意が必要です。
※台風の動きによっては大雨や暴風の時間帯が変わる可能性があります。最新の台風情報をこまめにチェックお願いします。

関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索