関東ではこの先も気温のアップダウンが激しくなりそうです。27日(金)は再び20度を超えて初夏の陽気に。しかし、この暖かさは一時的で、29日(日)になると一気に15度にも届かないほどの気温になるでしょう。日中は冷たい雨で気温が上がらず、冬のような寒さになりそうです。

火曜は北風冷たい一日に

きょう24日(火)の関東地方は日差しはたっぷり届いたものの、日差しの暖かさよりも北風の冷たさが身にしみた一日でした。振り返ると、週末は各地で初夏の陽気で、都心では最高気温23.7度と5月下旬並みの暖かさとなりました。しかし一転してきのう23日(月)は一気に10度近くも気温が急降下し、14.0度と3月中旬並み、きょう24日(火)は12.6度と3月上旬並みでした。特に埼玉県秩父市では寒暖差が非常に大きく、22日(日)は最高気温26.7度と7月上旬並みの気温でしたが、きょう24日(火)は9.7度と2月下旬並みの寒さ。たった2日で日中の気温が17度も低くなっています。

水曜の朝は霜に注意 日中は日差し暖か

画像B

関東ではこの先も気温のアップダウンが激しくなりそうです。北風の冷たさは一旦きょう24日(火)まで。あす25日(水)は冷たい北風はおさまって次第に暖かな南寄りの風が吹くでしょう。最高気温は各地で15度前後まで上がり、日差しの暖かさを実感できそうです。ただ、あす25日(水)の朝は霜がおりるほど冷え込む所もありますので、農作物などの管理にご注意ください。

金曜日はまた初夏の陽気 その後、急降下

画像C

26日(木)になるとグッと暖かさが増しそうです。27日(金)はさらに気温が上昇し、最高気温は各地で20度以上で初夏の陽気になるでしょう。内陸では25度近くまで上がり、汗ばむくらいになりそうです。しかし、この暖かさは一時的です。28日(土)になると気温が一気に急降下。再び最高気温は15度にも届かないほどになりそうです。29日(日)は冷たい雨で、日中は気温が上がらず真冬並みの寒さになるでしょう。冬物もまだ片付けずに残しておいたほうがよさそうです。一時的な暖かさに油断せず、体調管理にも十分にご注意ください。