台風5号 帰宅時も大荒れ 関東も警戒

台風5号 帰宅時も大荒れ 関東も警戒

台風5号は列島を縦断する予想。まだ動きが遅く、影響が長引くでしょう。近畿や東海は今夜の帰宅時も大荒れの恐れ。関東や北陸も次第に雨が強まるでしょう。

◆大荒れ続く

台風本体の活発な雨雲が四国や中国地方、近畿、東海にかかっています。午後3時までの48時間雨量が高知県の仁淀川町の鳥形山や津野町船戸で400ミリを超えました。また、台風の外側の雨雲が関東の一部にもかかってきました。
台風5号は、午後3時半に和歌山県北部に上陸しました。今後、近畿付近を進み、明日(8日)は東日本に進む予想となっています。上空の風が弱く、この先も自転車並みの速度と動きが遅いため、大荒れの期間が長引くでしょう。
四国は今夜9時頃まで、中国地方は明日(8日)の明け方まで、近畿や東海は明日(8日)の朝にかけて大荒れの天気が続くでしょう。今夜の帰宅時間帯も暴風が吹き荒れ、猛烈な雨の降る恐れがあります。猛烈な雨とは水しぶきであたり一面が白っぽくなり、傘は全く役に立たなくなるような降り方です。すでに大雨となっている所にさらに雨量が増えそうです。大雨による土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。自治体から出される避難勧告などの情報にも注意して下さい。交通機関への影響も長引く恐れがあり、注意が必要です。

◆関東や北陸も今夜から

関東や北陸も今夜は雨が降りだし、遅い時間になればなるほど、雨が強まるでしょう。早めの帰宅を心がけた方が良さそうです。関東南部は明日(8日)の午前中くらいまで、関東北部は日中も雨や雷雨が続くでしょう。関東北部を中心に非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。
北陸は明後日(9日)の朝にかけて雨が続く所が多く、雨量が多くなるでしょう。風も強まり、荒れた天気となりそうです。交通機関への影響にご注意下さい。沿岸部では高波や高潮にも注意が必要です。

関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索