台風5号 広く高温多湿 大雨と猛暑

台風5号 広く高温多湿 大雨と猛暑

台風の進路にあたる北陸や東北は大雨警戒。過ぎ去った地域も台風が残していった高温多湿な空気で不快な暑さ。

きょうの天気と予想される雨、風、波

台風の進路にあたる北陸や東北は特に大雨に警戒が必要です。また、夜間に降り続いた雨で、普段、見慣れた川が増水していたり、車道や歩道が冠水していたりすることもあります。川には決して近づかないようにしてください。冠水でマンホールの蓋が外れていても見えづらくなっている所や、風で吹き飛ばされた木の枝や傘などが散乱している所があるかもしれません。台風が過ぎ去っても、通勤、または避難などで屋外を移動する際は足元に十分ご注意ください。
【きょうの各地の詳しい天気】
沖縄と九州では晴れて日差しが強いでしょう。九州では午後は山沿いを中心に、にわか雨の所がありそうです。四国や中国地方も晴れるでしょう。山陰は湿った空気が入り、昼ごろまで雨が降りますが、近畿や東海は、日中は次第に晴れてくる見込みです。一方、台風の影響で、北陸や関東、東北は風が強く、雨の降る時間が長いでしょう。やみ間もありますが、局地的に非常に激しく降るおそれがあります。土砂災害や川の増水、氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。北海道は晴れるでしょう。
【予想される雨、風、波】
①予想される雨の強さは
北陸や関東甲信、東北を中心に1時間50ミリ以上
(水しぶきであたり一面が白っぽくなり、見通しが悪くなるような降り方で、滝のようにゴーゴーと非常に激しく降ります)
(都市部は地下街に雨水が流れ込んだり、マンホールから水が溢れたりすることもあるほどです)
②予想される雨量
●あす(9日:水曜)の午前6時までの雨量は
いずれも多い所で
北陸250ミリ、関東北部200ミリ、東北180ミリ、関東南部と甲信150ミリ、近畿と東海が100ミリから120ミリ
●さらにあさって(10日:木曜)の午前6時までに
いずれも多い所で
北陸100ミリから200ミリ、東北100ミリから150ミリです。
※台風から離れた地域でも、暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、局地的に激しい雨が降る恐れがあります。
③風
★予想される最大瞬間風速は
あす(9日:水曜)にかけて
近畿、北陸 東海、関東、伊豆諸島30メートル(看板が落下、道路標識が傾くほど)
※台風から離れた地域でも、活発な雨雲の下は竜巻のような激しい突風が吹くことがあります。活発な雨雲が近づく兆しがある時は頑丈な建物へ避難するなどの対策をとりましょう。
④波
★予想される波の高さは
あす(9日:水曜)にかけて
東海、伊豆諸島6メートル
※高波の影響で波しぶきが護岸設備を越えて海沿いの道路に押し寄せ、道路が冠水して通行が危険になることがあります。

きょうの最高気温 各地でかなりの蒸し暑さ

台風が過ぎ去った所でも、台風が残していった高温多湿な空気に広く覆われます。汗が乾きづらい不快な暑さになる所が多いでしょう。
最高気温は、那覇は34度、鹿児島36度、福岡は35度、高知は37度、広島は36度の予想です。松江は31度、大阪は35度まで上がるでしょう。名古屋は31度、東京も31度で、蒸し暑さが続きます。金沢と新潟は29度、仙台は26度、秋田は31度、札幌は28度の予想です。西日本では猛烈な暑さとなりますので、熱中症には、くれぐれもお気をつけ下さい。

関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索