台風5号 北陸で平年ひと月超の大雨

台風5号 北陸で平年ひと月超の大雨

台風5号の活発な雨雲がかかり、今日(8日)は北陸を中心に雨量が多くなっています。石川県加賀市山中温泉菅谷町では24時間雨量が200ミリを超えて、1976年の統計開始以来、観測史上1位の値を更新しました。

北陸で大雨

北陸地方には、昨日(7日)の午後から次第に雨雲がかかりはじめ、今日(8日)の明け方から広い範囲で台風の発達した雨雲がかかりました。所々で激しい雨が降り、1時間雨量は石川県の白山市河内町福岡で46.5ミリ、福井県の福井市美山町で41ミリの雨を観測しました。降り始めからの雨量も多くなりました。石川県加賀市山中温泉菅谷町では24時間雨量が200ミリを超えて、1976年の統計開始以来、観測史上1位の値を更新しました。これは平年の8月ひと月分の雨量を超す雨です。
また、風も強まり、福井県敦賀市では明け方に最大瞬間風速28メートル、福井県小浜市では未明に26.1メートルを観測しました。
このあとも、台風の動きはゆっくりで、明日(9日)の朝にかけて、北陸や東北では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。土砂災害や河川の増水、氾濫に厳重に警戒して下さい。

関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索