週間天気 西は猛暑 北は涼しく

週間天気 西は猛暑 北は涼しく

この先一週間も、西ほど暑さが厳しく、猛暑日の所も。一方、北海道や東北は気温があまり上がらず、長袖が必要な日も。旅先の気温に合わせた服装選びを。

あすの天気

関東や北陸から北は曇りや雨とスッキリしません。特に、低気圧が近づく東北と北海道は雨の時間が長く、雨脚の強まることもあるでしょう。
【天気】
北海道と東北は強弱を繰り返しながら雨が降るでしょう。中でも、東北の日本海側では昼頃にかけて激しく降る所がありそうです。激しい雨が降ると、路面が滑りやすい上に、ワイパーを速くしても前が見えにくくなります。車の運転は、くれぐれも慎重になさってください。アンダーパスなど低い所を通る道路は、冠水の危険性もあります。
北陸は、午前中は雨や雷雨でしょう。午後は雨が止んでくる見込みです。
関東は朝晩を中心に雨でしょう。特に、朝は雨脚が強まり、内陸部ではカミナリを伴って激しく降る所もありそうです。
東海と近畿、中国地方は午前中は雲が多く、雨の所もあります。午後は大体晴れるでしょう。
四国と九州北部は一日を通して晴れそうです。
九州南部は、午前中は晴れるでしょう。午後は山沿いを中心ににわか雨の所がありそうです。
沖縄は夏空です。
【気温】
日中の気温は、北海道は20度前後、東北は25度前後の所が多く、雨の影響で体感温度が下がりそうです。
北陸や関東は30度くらい、東海から西は35度前後と、暑さが続くでしょう。

あさって以降の天気

夏空をもたらす太平洋高気圧の力が弱く、低気圧や前線が日本付近をたびたび通ります。
あさって13日(日)、北海道は本降りの雨で、東北も雨の所があるでしょう。お盆休み後半、14日(月)は九州で雨の降り出す所があり、15日(火)と16日(水)は関東にかけても広く雨。降り方の強まる所もあるでしょう。
晴れマークの日でも、山沿いを中心ににわか雨の所がありそうです。屋外のレジャーは、空模様の変化に気を配りましょう。
この先も、西日本ほど暑さが厳しく、万全の熱中症対策が必要です。
一方で、東北や北海道は、太平洋側を中心に、気温がこの時期としては低い状態が続くでしょう。日本の北にある「オホーツク海高気圧(涼しい空気を持っている)」の力が強まっているためです。昼間も気温があまり上がらず、半袖では少しヒンヤリと感じられる日も多いでしょう。
帰省や旅行などで長距離の移動をする方も多いと思います。目的地の天気に加え、予想気温もチェックして、うまく服装を選びましょう。下のリンク『各地の服装指数』も、ぜひ参考になさってください。

関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索