週間天気 台風18号 列島直撃か

週間天気 台風18号 列島直撃か

今週は、全国各地で台風18号の影響を受けるおそれがあります。近づく前から早めの備えを心がけて下さい。

あすの天気

本州付近は高気圧に覆われますが、台風18号が非常に強い勢力を保ったまま九州の西の海上をゆっくり北上する見込みです。また、台風周辺の湿った空気が前線に向かって流れ込み、前線の活動が活発に。前線に近い九州南部や奄美地方では、非常に激しい雨が降ることもあるでしょう。
【各地の天気】
沖縄は、雨は朝にはやむ見込みですが風や波の影響が残ります。風に向かって歩けなくなったり、転んでしまうくらいの風が瞬間的には吹くおそれがあります。また、海は大しけとなるでしょう。海の様子が気になっても、近づくようなことはしないで下さい。九州は、日中は広く雨で、前線に近い南部ほど雨脚が強まりそうです。非常に激しく降るおそれもありますので土砂災害や低い土地の浸水などにご注意下さい。四国は雲が多く、午後は高知県や愛媛県などで雨雲がかかりやすい見込み。夜は激しい雨が降る所もあるでしょう。中国地方も曇り空で、夜遅くになると雨が降る所がありそうです。近畿や東海は大体晴れるでしょう。関東と北陸は朝晩を中心に雲が多く、明け方までは雨の所も。ただ、日中は広く晴れそうです。東北は、午前中は北部を中心に所々で雨雲がかかりそうですが、午後はゆっくり天気が回復。南部では日中は日差しがあるでしょう。北海道は、はじめ雨や雷雨ですが、日中は天気回復して日本海側やオホーツク海側では日差しが戻る所が多いでしょう。

あさって以降の週間天気

台風18号が日本列島を直撃するおそれがあります。16日(土)から17日(日)にかけて強い勢力で九州に接近または上陸、その後速度を速めて東北東へ進み、18日(月)頃にかけて日本列島を縦断するおそれがあります。全国各地で影響が出る事が考えられますので、今のうちに台風への備えをしておきましょう。また、前線の影響で台風が近づく前から雨が降り出し、活発な雨雲がかかる所もありそうです。西日本では16日(土)から17日(日)、東日本や北日本では17日(日)から18日(月)にかけて大雨や荒れた天気となるおそれがありますので注意、警戒して下さい。
せっかくの3連休でお出かけを楽しみたいところですが、まずは台風情報をこまめに確認して、安全を第一に行動して下さい。

台風進路予想図(14日9時45分発表)
台風進路予想図(14日9時45分発表)

関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索