2日(土)、沖縄本島地方付近で雲が発達しています。沖縄本島地方では、非常に激しい雨が降る所があるでしょう。警報級の大雨になる恐れがあります。3日(日)にかけて落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

久米島・渡嘉敷島で1時間に20ミリ以上の雨を観測

画像A

2日(土)、大陸から沖縄付近に前線が延びています。沖縄本島地方付近では大気の状態が不安定になっており、雲が発達しています。昼前に、久米島で1時間に24.0ミリ、渡嘉敷島で21.0ミリの強い雨を観測しました。

沖縄本島地方 警報級の大雨の恐れ

沖縄本島地方では、大気の状態が非常に不安定になり、雲が発達しやすいでしょう。多い所で、1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みです。このような雨が降ると、河川が一気に増水したり、側溝があふれたりすることがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。前線の活動の程度によっては、警報級の大雨になる恐れがあります。
大気の不安定な状態は、3日(日)にかけても続く見込みです。3日(日)も急に雷が鳴り、強い雨が降ることがあるでしょう。カミナリ雲の下では、竜巻などの激しい突風が発生することがあります。できるだけ、建物の中など、安全な場所でお過ごしください。