きょう10日も曇りや雨。南風が吹いて、気温は朝から高く、日中は蒸し暑く感じられる所も。

きょう10日もスッキリしない天気 低気圧が日本海を東進

画像A

きょう10日、前線を伴った低気圧が日本海を東へ進みます。曇りや雨の所がほとんどで、特に北陸から北は雨の降る時間が長く、降り方も強まりそうです。全国的に南よりの風で、沿岸部では次第に強まり傘が差せないほどの所もあるでしょう。
【各地の天気(西から)】
沖縄は、きょうも低気圧や前線の影響を受けません。おおむね晴れるでしょう。
九州と中国、四国は雲に覆われたままで、午前を中心に雨が降ります。
近畿と東海も雲が主役で、ザッと雨の降ることもあるでしょう。特に雨の所が多くなるのは、夕方です。
関東は昼頃にかけてときおり雨が降るでしょう。
北陸から北は断続的に雨で、昼頃からは日本海側ほど降り方が強まるでしょう。

暖かい朝 日中はムシッとした暑さの所も

低気圧に向かって吹く南風の影響で、全国的に昨夜から気温があまり下がっていません。午前8時現在の気温は、多くの所できのうの同じ時間より高い状況。中でも、九州や中国・四国の沿岸部は20度くらいと暖かい朝で、山陰ではすでに25度近くまで上がっている所もあります。
日中の気温も、きのうより高くなる所が多いでしょう。
【各地の最高気温】
沖縄は30度前後。九州から関東、北陸は25度前後まで上がる所が多く、湿度も高め。風のある屋外ではそれほど不快な暑さではありませんが、室内では蒸し暑く感じられるでしょう。無理をせず、適切にエアコンや扇風機を使うと良さそうです。
東北南部も、きのうより高く、23度前後と6月並みの予想です。
一方、東北北部は20度前後、北海道は13度〜15度くらいで、ともにきのうほど上がらず、この時期本来の気温に戻ります。