11日(月)は、関東甲信など最高気温が30度以上の真夏日になる所がある予想です。ただ、乾いた空気に覆われて、真夏のような蒸し暑さはなさそうです。沖縄は梅雨入り間近です。

11日(月) 関東甲信など最高気温30度以上 室内でも熱中症に注意

画像A

本州付近を通過中の前線は、11日(月)には、日本の南まで南下する見込みです。本州付近は次第に乾いた空気に覆われるでしょう。青空が広がる所が多い見込みです。ただ、北海道は、上空に寒気を伴った気圧の谷の影響で、大気の状態が不安定になるでしょう。昼頃からあちらこちらで雨や雷雨がある見込みです。
上空1500メートル付近で15度以上の暖気が関東付近を覆う予想です。晴れると地上の気温が30度くらいまで上がる目安の暖気です。日差しとともに気温がグンと上がり、特に関東甲信では、30度以上の真夏日になる所があるでしょう。東海から九州も内陸で30度くらいまで上がる所がある見込みです。内陸ではカラッとした陽気で、真夏のような蒸し暑さではありませんが、関東の平野部などでは湿度が高めです。まだ身体が暑さに慣れていない時期で、室内でも熱中症に注意が必要です。無理をせず、冷房を使用するようにしてください。

沖縄 奄美に続き梅雨入りか

画像B

10日(日)は、鹿児島地方気象台は、「奄美地方は梅雨入りしたと見られます」と発表しました。
この先、南西諸島付近に前線が停滞しやすいでしょう。沖縄は、11日(月)以降、曇りや雨の日が続く見込みです。沖縄地方も近々梅雨入りの発表がありそうです。

12日(火)〜13日(水) 九州〜関東 晴れてカラッとした陽気

画像C

12日(火)から13日(水)は、北海道や東北、北陸は湿った空気の影響で雲が広がりやすく、雨が降ることもあるでしょう。関東から九州は、乾いた空気に覆われて、青空が広がる見込みです。
最高気温は、東北南部から九州で25度前後の所が多く、25度以上の夏日が続く所がある見込みです。関東から九州では、湿度は低めで、カラッとした陽気でしょう。扇風機で風通しをよくするなど、涼しく過ごす工夫をするとよいでしょう。

14日(木)以降 次第にムシムシ

14日(木)は、九州付近に次第に湿った空気が流れ込む見込みです。九州から近畿を中心に次第に雲が広がるでしょう。
15日(金)は、九州付近に雨雲の元である暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。九州には発達した雨雲がかかり、カミナリを伴って、1時間に30ミリ以上の激しい雨が降ることがあるでしょう。激しい雨が数時間続く所もある見込みです。このような雨が降ると側溝があふれることもあります。家の周りの水はけをよくしておくとよいでしょう。
この雨雲は16日(土)にかけて、東へ広がる見込みです。ただ、本州にどれほどかかるか、まだ予報には幅があります。最新の気象情報をご確認下さい。
15日(金)頃から、ムシムシしてきそうです。