今日(10日)の北海道は、前線を伴った低気圧が近づいている影響で道北を中心に広く雨が降っています。
しかし、低気圧は今日の夕方から夜に北海道付近を通過するため、今日の雨のピークは夕方以降となる所が多くなりそうです。

1時間20ミリ前後の雨も

今日の北海道では、朝には日本海側で広く雨が降りだしており、昼頃には道内各地に雨の範囲が広がりました。また、午前7時半頃には留萌地方の羽幌では1時間で11.0ミリの雨を観測しました。
しかし、低気圧がさらに接近する午後の方が各地での雨の降り方は強まります。
全般に今日の夕方から夜にピークを迎え、山沿いを中心に1時間で20ミリ前後の雨が降る所もありそうです。
山間部ではまだ積雪が残っている所も多く、融雪も加わって土砂崩れや川の増水、なだれなどにつながる恐れもあるため、注意が必要です。

明日も雨が強まる恐れ

今日、日本海から近づき、通過する低気圧は明日の朝に北東へと離れますが、明日の午後は北からのびる別の気圧の谷が接近、通過するでしょう。
そのため、道北を中心に再び雨が降る見込みです。明日は上空に冷たい空気が入るため、大気の状態が不安定になり、雷を伴って急に雨が強まる所もあるでしょう。
明日も引き続き強い雨に注意が必要です。