12日から16日にかけては、月が木星、土星、火星に次々と接近します。未明から明け方に、南の空を見上げてみましょう。

月と3惑星が接近

今週は日付が替わる頃になると月が昇ってきます。また、同じ頃から木星や土星も昇り、少し離れた所に火星も姿を見せ始めます。時間がたつにつれて高く昇るようになり、未明から明け方に月と3つの惑星が近くで輝く姿を楽しむことができます。

気になるお天気は

12日は、梅雨入りした沖縄と奄美をのぞいて晴れる所が多く、星空観察によさそうです。月と木星、土星が最も近づく13日は、北陸から北海道では雨雲のかかる所があるものの、そのほかは朝の気温も高めで、気軽に星空を楽しめそうです。月が火星に最も近づいて見える15日は、沖縄や九州から東海、北陸で曇りや雨。関東から北海道はチャンスがありそうです。少し早起きしてベランダや庭から空を眺めてみてはいかがでしょうか。