東海地方を中心に大雨となっています。きょう(1日)午前11時までの24時間雨量は愛知県豊根村茶臼山で336.5ミリ、静岡県静岡市井川で295.0ミリとなりました。

300ミリ超の大雨

きのう(30日)から活動が活発な梅雨前線や低気圧の影響で、東海地方には発達した雨雲が次々とかかりました。
きょう(1日)午前11時までの24時間雨量は愛知県豊根村茶臼山で336.5ミリに達し、7月の1位の記録を更新しています(2006年から統計開始)。静岡県静岡市井川では295.0ミリ、静岡市有東木では266.5ミリ、御殿場市では219.5ミリと所々で200ミリを超える大雨となっています。

土砂災害に警戒を

画像B

午前11時も東海地方には活発な雨雲が所々にかかっています。静岡県を中心にあす(2日)未明にかけて局地的に激しい雨が降り、さらに雨量が増えるでしょう。
これまでの大雨により愛知県や静岡県を中心に地盤の緩んでいる所があります。土砂災害に警戒して下さい。危険な斜面には近づかないようにしましょう。また、低い土地の浸水、河川の増水に注意、警戒が必要です。