きょう(1日)は、奄美地方にも活発な雨雲がかかり、1時間に鹿児島県大島郡天城町で67.5ミリ、奄美市名瀬で61.0ミリの非常に激しい雨が降りました。

非常に激しい雨を観測

画像A

きょう(1日)は奄美地方も活動が活発な梅雨前線の影響で、大気の状態が非常に不安定になっています。
発達した雨雲がかかり、1時間に鹿児島県大島郡天城町で67.5ミリ(10時54分まで)、奄美市名瀬で61.0ミリ(8時25分まで)の非常に激しい雨が降りました。非常に激しい雨とは、滝のようにゴーゴーと降り、水しぶきであたり一面が白っぽくなるような降り方です。また、奄美市笠利では1時間に41.5ミリ(8時49分まで)の激しい雨が降りました。

猛烈な雨の恐れも

奄美地方では、きょう(1日)昼過ぎにかけて局地的に雷を伴い猛烈な雨が降り、大雨となるでしょう。また、夕方にかけて落雷や竜巻などの激しい突風の恐れがあります。
土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、落雷、竜巻などの激しい突風にも注意、警戒が必要です。