26日、福岡県福岡市小呂島(オロノシマ)では、50年に一度の記録的な大雨となっています。

福岡県で50年に一度の記録的な大雨に

26日、停滞する梅雨前線の影響で、九州北部では局地的に雨雲が発達し、福岡県福岡市小呂島(オロノシマ)では、「50年に一度の記録的な大雨」となっています。福岡市小呂島(オロノシマ)では午後11時までの1時間に66.5ミリの非常に激しい雨を観測し、午後11時までの 3 時間降水量は172ミリに達しました。大雨により、土砂災害の危険が高まっています。

27日朝にかけて土砂災害に厳重な警戒を

九州北部では、27日朝にかけて局地的に雷を伴い非常に激しい雨や激しい雨の降るおそれがあります。26日夕方からの大雨で、地盤の緩んでいる所や川が増水している所があります。崩れやすい場所や増水した川へは近づかないようにしてください。