きょう6日、九州だけでなく、中国、四国から関東甲信にも発達した雨雲がかかり、大雨警報や土砂災害警戒情報の発表されている所があります。午後も激しい雨の降る所があり、局地的には非常に激しい雨が降るでしょう。

九州は災害の危険度高まる

きょう6日、九州から本州に延びる梅雨前線の活動が活発になっており、九州から関東甲信にかけての広い範囲に発達した雨雲がかかっています。特に九州では局地的に猛烈な雨が降り、土砂災害や洪水などの危険度がかなり高まっている所があります。詳しくは君島気象予報士の「鹿児島県に線状降水帯 命を守る行動を!」、山口気象予報士の「九州 大雨長期化 記録的な豪雨のおそれ 最大級の警戒を」をお読みください。

あちらこちらで激しい雨

画像B

中国、四国から関東甲信にかけても、あちらこちらで雨の降り方が強まっています。高知県馬路村では1時間に68.5ミリ、愛知県田原市の田原では1時間に52.5ミリ(7月1位)の非常に激しい雨が降りました。そのほか1時間雨量は、和歌山県田辺市の栗栖川38.0ミリ、静岡県三島市35.5ミリ、神奈川県箱根町36.0ミリなど、所々で激しい雨を観測しました。高知県や静岡県など太平洋側を中心に、これまでの大雨により地盤が緩み、土砂災害などの危険度が高まっている所があります。12時3分現在、九州から関東甲信に大雨警報や土砂災害警戒情報の発表されている所があります。

広い範囲で激しい雨に 大雨のおそれ

画像C

午後も九州だけでなく、中国、四国から関東甲信にかけての広い範囲に発達した雨雲がかかりやすく、道路が川のようになるほど激しい雨の降る所があるでしょう。局地的には視界が悪くなるほどの非常に激しい雨が降りそうです。昼過ぎからは東北でも雨脚が強まり、激しい雨の降る所があるでしょう。あすにかけても広い範囲で大雨が続くおそれがあります。最新の気象情報や自治体の情報をこまめにチェックしてください。