きょう6日、梅雨前線が太平洋側から日本海側へと北上中。南からは湿った空気が続々と。九州から東北にかけ、更に広範囲で雨が強まり、暗い時間帯に災害の危険が高まるおそれも。

活発な雨雲 更に広がる

画像A

きょう6日(月)、九州から東北にかけて雨。朝までは、九州南部で猛烈な雨が降るなど、太平洋側の広い範囲で雨が強まりました。梅雨前線はゆっくり北上し、午後3時現在は九州北部や中国地方で激しい雨が降っています。
このあと、梅雨前線は日本海側の地域に沿うように延び、ほとんど停滞。さらに、南から暖かく湿った空気が流れ込むので、太平洋側の地域も雨雲の発達しやすい状態が続くでしょう。
きょうこのあとも広く雨。いまは雨がそれほど強まっていない北陸や東北も含めて雨脚が強まり、激しく降るおそれもあります。局地的には、1時間50ミリ以上の、道路があっという間に冠水するような非常に激しい雨が降るでしょう。

危険が差し迫る前に 空振りを恐れず早めの行動を

画像B

3日頃からの大雨により、九州では大きな被害が発生しており、四国や本州でも地盤の緩んでいる所や増水している川が多くなってきています。これから更に雨の量が増えて、「今夜〜あす明け方」という暗い時間帯に、災害のリスクが高まることも考えられます。
今後も、雨の降り方に留意し、気象情報や避難に関する情報を十分に確認のうえ、可能な限り早めの行動を心がけてください。側溝から水があふれそうになっていたり、付近の川が明らかに増水してきていたり、斜面から小石がパラパラと落ちる・異常な音がする、といった「普段と違う」状況で不安を感じたら、指示を待たず、危険が差し迫る前に自主的に避難をすることも重要です。なお、移動する際には、極力、一人ではなく複数で、長靴ではなくスニーカーなど動きやすい靴で、両手を空けた状態で行動するようにしてください。
避難所へ向かうことが却って危険な場合には、ご自宅内の崖や川から離れたできるだけ高い所で、身の安全を確保するようにしてください。