冬の嵐 猛吹雪や大雪 交通障害の恐れ

冬の嵐 猛吹雪や大雪 交通障害の恐れ

今週前半は強烈な寒気が流れ込み、冬の嵐になるでしょう。日本海側は猛吹雪や大雪の恐れ。交通障害に警戒。太平洋側も厳しい寒さになるでしょう。

◆冬の嵐

11日(月)は低気圧が急速に発達しながら日本海を北東へ進み、12日(火)には低気圧がオホーツク海へ進むでしょう。日本付近は冬型の気圧配置が強まり、今季一番の寒気が流れ込んでくる見込みです。上空1500メートル付近で氷点下6度以下と平地でも雪を降らせるような寒気が本州付近をすっぽりと覆うでしょう。さらに北海道や東北、山陰の上空1500メートル付近には氷点下12度以下と強烈な寒気が流れ込む予想です。
全国的に風が強まり、特に北海道から北陸は大荒れの天気となるでしょう。暴風や猛吹雪に警戒が必要です。日本海側は広く雪で、北海道や東北、北陸を中心に大雪となる恐れがあります。猛吹雪や大雪による交通障害に警戒して下さい。九州北部の平地でも雪の降る所があるでしょう。太平洋側は晴れ間がでますが、冷たい北風が吹きつけ、厳しい寒さになりそうです。体調管理に注意が必要です。
13日(水)にかけて冬の嵐が続くでしょう。

◆各地の警戒・注意ポイント

【北海道・東北・北陸】11日(月)ははじめ雨の所もありますが、次第に広く雪に変わるでしょう。沿岸部を中心に風も強まり、12日(火)から13日(水)は大荒れの天気となるでしょう。日本海側を中心に猛吹雪の恐れがあります。強弱を繰り返しながら雪が降り続き、今季一番の大雪となる可能性もあります。交通障害に警戒して下さい。
【近畿北部・山陰・九州北部】11日(月)は雨や雷雨になるでしょう。夜は次第に雪に変わり、12日(火)にかけて平地でも所々で雪が降りそうです。路面状況の変化に注意が必要です。山間部では雪の量が多くなる所もあるでしょう。風も強く、荒れた天気になりそうです。
【関東】冬晴れが続きますが、気温のアップダウンが大きくなるでしょう。11日(月)は南風がやや強まり、気温がグンと上がりそうです。最高気温は15度前後の所が多いでしょう。一転して、12日(火)は寒気が流れ込むため、気温が急降下。最高気温は10度前後の所が多く、真冬並みの寒さになるでしょう。
【東海・近畿中南部・四国・九州南部】晴れ間がでますが、寒気の影響で、雲が広がりやすいでしょう。一部に雨雲や雪雲が流れ込みそうです。12日(火)から冷たい季節風が吹きつけ、一段と寒くなるでしょう。名古屋や大阪、高知でも最高気温が10度に届かず、厳しい寒さになりそうです。万全な寒さ対策をしてお過ごし下さい。


関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索