山陰沖には、東西に延びる発達した雨雲が見られます。
これらの雨雲は次第に南下し、中国地方は今夜遅くからあす(14日)の明け方にかけては滝のような雨の降るところがあるでしょう。
この雨に伴って、今夜は急に土砂災害の危険が高まってくるおそれがあります。
長雨で地盤の緩んでいるところでは、特に警戒が必要です。
自治体から発表になる避難情報に注意し、早めに身の安全を確保するようにしてください。

活発な前線が中国地方を通過(あすの未明〜明け方)

画像A

きょう(13日)の午前9時現在、黄海の低気圧から西日本に梅雨前線が延びています。
赤い破線で囲んだ部分には、周辺から暖かく非常に湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になっています。
雨雲レーダーの観測でも、この領域の中には発達した雨雲が見られます。
今夜遅くからあすの明け方にかけて、活発な梅雨前線は中国地方を南下する見込みです。
山口県と広島県を中心に、1時間に50ミリの非常に激しい雨の降るところがあるでしょう。
非常に激しい雨が降った場合には、河川の増水や都市部での浸水も油断はできません。

雨のピークは

画像B

今夜、中国地方を南下する梅雨前線に伴って、深夜に中国地方を活発な雨雲が通過する見込みです。
予想図を見ると、あす(14日)の午前0時から午前3時にかけては、山口県、島根県・広島県で雨のピークを迎え、その後あすの午前6時ごろにかけては、岡山県や鳥取県でも激しい雨の降るところがあるでしょう。
また、日本海にある低気圧に吹き込む南寄りの風が強まり、沿岸部や風の通り道になるようなところでは突風の吹くおそれもあります。
なお、雨や風の予想には誤差がありますので、最新の情報で確認するようにお願いします。