25日は、九州から東北の広範囲で雨 関東甲信から九州では大雨に。土砂災害、河川の増水、氾濫に要警戒。落雷や竜巻などの激しい突風にも要注意。

きょうの天気 広範囲で大雨 土砂災害などに厳重警戒

画像A

きょう25日(土曜)は 活動が活発な前線の影響で、九州南部から関東甲信にかけての広範囲で大雨に警戒が必要です。日付が変わってからだけでも、高知県内や兵庫県内、愛知県内や長野県内で、1時間あたりの雨量が50ミリを超える非常に激しい雨の降った所があります。
この大雨で、大雨警報や洪水警報が発表されている地域や土砂災害警戒情報、竜巻注意情報が発表されている地域もあります。
このあと、あす(26日:日曜)の朝6時にかけての24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
東海地方で250ミリ、四国地方で200ミリ、近畿地方で180ミリ、九州南部と北陸、関東甲信地方で120ミリ。
その後、大雨の続く所があり、あさって(27日:月曜)の朝6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
四国地方と東海地方で100ミリから200ミリ、近畿地方で100ミリから150ミリ、九州南部と北陸地方、関東甲信地方で50ミリから100ミリです。
これらの地方では、土砂災害には厳重な警戒が必要です。また、低い土地の浸水や河川の増水、氾濫に警戒や注意が必要です。また、前線の付近では激しい上昇気流が起こりやすくなるため、積乱雲が発達して落雷や竜巻などの激しい突風が発生するおそれがありますから、ご注意下さい。
地元の自治体から、避難の呼びかけがあった場合は、複数の方が組んで早めに避難をしましょう。3密を避けるためには、近くの頑丈な建物避難することや親戚または知人のお宅、がけの反対側の高い階の部屋などに避難するのも選択肢の一つです。

きょうの天気 北海道、東北や沖縄も曇りや雨

画像B

きょう25日は、北海道は、雲の多い天気ですが、晴れ間の出る所があるでしょう。局地的には、にわか雨がありそうです。東北は曇りや雨の所が多く、南部を中心に雷雨になる所や激しい雨の降る所がある見込みです。北海道と東北では、午前中を中心に霧がかかる所がありますから、車を運転される方は速度を出しすぎないよう、安全ドライブを心がけて下さい。
梅雨が明けた、奄美と沖縄でも、きょうは変わりやすい天気です。晴れていても急な雨になる所や雷雨になる所、雨が激しく降る所がありますから、注意が必要です。

きょうの気温 広範囲で蒸し暑さ続く

画像C

きょう25日は、関東から九州、沖縄にかけて、30℃以上の真夏日になる所があります。30℃には達しない所でも25℃以上の夏日になる所が多くなる見込みです。また、全国の広い範囲で湿度が高く、予想最小湿度は、仙台84パーセント、東京74パーセント、名古屋72パーセント、熊本64パーセントなどとなっています。高温と多湿の環境下では熱中症のリスクが高くなりますから、ご注意下さい。人ごみでない所ではマスクを外すことも熱中症対策のひとつです。室内で過ごされる方は、部屋の換気やエアコンなどでの温度管理にも気を配りましょう。