メイン画像

東北日本海側を中心にあさって(29日)にかけて梅雨末期の大雨の恐れ。普段の雨が少ない東北にとっては災害レベルの大雨の可能性があり、避難の心づもりを早めに取ってもらいたい。

大気の状態が非常に不安定

画像A

きょう(27日)は東北地方に梅雨前線が停滞し、南から暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定になっています。午後1時現在、所々に雨雲がかかり、秋田県内や青森県の津軽地方を中心に発達した雨雲がみられます。

今夜は秋田県〜岩手県を中心に激しい雨

画像B

このあとも東北地方は断続的に雨が降り、局地的には激しい雨や雷雨の可能性があります。特に、今夜からは前線上の活発な雨雲が秋田県〜岩手県を通過し、短時間に道路が冠水するような可能性もあります。帰宅時間帯と重なりそうですので、車の運転などは十分にお気をつけください。

あす 山形県内を中心に災害級の大雨の恐れ

画像C

あす(28日)日中になると、前線上の低気圧が日本海から近づく見込みです。日本海側を中心に断続的に激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る恐れがあります。特に、山形県を中心に低気圧本体の活発な雨雲がかかり、庄内〜最上を中心に記録的な大雨になる恐れがあります。低気圧の進路によって大雨の降る場所は変わってくる可能性があるので、最新の情報に注意してください。
【24時間予想降水量・多い所】
28日午前6時まで
日本海側 100ミリ
太平洋側 80ミリ
29日午前6時まで
日本海側 100〜200ミリ
太平洋側 100〜150ミリ
これまでも東北地方では総雨量が200ミリ前後の雨で土砂災害や川の氾濫などが起きており、今回も土砂災害や川の増水などに警戒が必要です。
〇山形県 2018年8月5日〜6日の大雨
金山や最上町瀬見で総雨量が300ミリを超える大雨となり、庄内・最上を中心に床上・床下浸水などが発生
(出典:山形地方気象台 山形県災害時気象資料 平成30年8月5日から6日の大雨)
〇秋田県 2017年8月24日〜25日の大雨
田沢湖高原で総雨量が200ミリを超えるなど秋田県の広い範囲で大雨となり、雄物川や中小河川の氾濫などが発生
(出典:秋田地方気象台 秋田県災害時気象資料 平成29年8月24日から25日の大雨)
今回は前線に伴う雨が降り続いたあとに、あす日中になって低気圧本体に伴う大雨になるのが怖いところです。すでに増水した川が一気にあふれたり、緩んだ斜面が崩れてくる危険が急激に高まる恐れがあります。
今夜以降、状況が急激に悪くなって、逃げようと思った頃には手遅れということがありえます。崖や川の近くにお住いの方は特に、早めの避難を心がけてください。
大雨のピークはあす夜、もしくはあさって明け方までとみられますが、あさっても雨は続く見込みです。雨が弱まってからも、崖や川には近づかないようにしましょう。