あす5日(水)も、西日本を中心に猛烈な暑さが続きそう。屋外はもちろん、屋内でも万全の熱中症対策を。適度に休憩をとって、のどが渇く前に意識して水分を補給し、汗をたくさんかいたら塩分の補給も忘れずに。

あす5日(水)も猛烈な暑さが続く

画像A

あす5日(水)も本州付近は高気圧に覆われて、東北南部から九州、沖縄にかけて晴れる所が多いでしょう。強い日差しが降り注ぎ、朝からぐんぐん気温が上がる見込みです。最高気温は平年より高い所が多く、仙台と新潟は33度、東京都心と広島は34度、大阪や福岡、鹿児島は35度、名古屋は36度の予想です。西日本を中心に猛烈な暑さが続き、今年一番の暑さとなる所もありそうです。
強い日差しと気温の上昇に伴い、大気の状態が不安定となるため、午後は所々で雨や雷雨があるでしょう。猛烈な暑さとともに、急な強い雨や落雷にも注意してください。
北海道と東北北部は、前線や湿った空気の影響で曇りや雨のすっきりしない天気ですが、最高気温は平年より3度前後高いでしょう。内陸部では30度を超える所もあり、厳しい暑さとなりそうです。強い日差しがなくても、湿度が高いため、熱中症に警戒してください。

熱中症のサインは?

画像B

めまいや立ちくらみ、顔がほてる、筋肉のけいれんなどの症状が出たら、熱中症のサインです。また、一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出ることもあります。
少しでも体調が悪くなったら、すぐに涼しい場所(冷房の効いた室内や日陰)へ移動し、体を冷やしてください。水分や塩分を補給して、ゆっくりと休みましょう。

熱中症になったらどこを冷やすか?

画像C

もし、熱中症になったら、服をゆるめて体を冷やすことが大切です。その際、太い静脈がある場所(首の両脇、わきの下、足の付け根など)を冷やすと最も効果的です。保冷剤を巻いたタオルをあてたり、水をかけたりして冷やしましょう。うちわであおいで風をあてるのも効果があります。
万全の熱中症対策で、体調を崩さないように気をつけてお過ごしください。