5日、東北南部から九州の山沿いを中心に午後は雨や雷雨に注意。北海道は前線の影響で局地的に激しい雨のおそれも。さらに今後の台風4号の動向にも注意が必要です。

5日 東北南部から九州北部の山沿いを中心に天気の急変に注意

画像A

きょう4日も、東北南部や関東甲信地方では、午後大気の状態が不安定となり、山沿いを中心に所々で雨雲や雷雲が発達しましたが、あす5日の午後は、きょうよりも急な雨や落雷の可能性が高くなり、その範囲も広がる見込みです。
5日も、本州付近は太平洋高気圧に覆われ、東北南部から沖縄にかけて晴れて日差しが照りつけるでしょう。地面付近の空気がグングン暖められるため、午後は大気が不安定となり、あちこちで局地的に雨雲や雷雲が湧いてくる見込みです。
5日午後、にわか雨や雷雨に注意が必要なのは、東北南部から九州北部にかけての山沿いを中心とした地域です。特に、東北南部・関東甲信・東海地方で雷を伴って激しく降る所があるでしょう。落雷や突風、降ひょうにも注意が必要です。
早い所では、お昼頃から雨雲・雷雲が湧きだす見込みです。
急な雨に注意が必要なのは山沿いが中心となる見込みですが、朝晴れていても、外出時は傘を持って出かけると安心です。また、外に干した洗濯物は早めに取り込むようにしましょう。天気の急変にご注意下さい。

5日 北海道・東北北部は局地的に激しい雨 東北北部は梅雨明けなしの可能性も

画像B

5日、前線の影響を受ける北海道と東北北部は、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定となるため、雨が降りやすく、局地的にバケツをひっくり返したような激しい雨が降る可能性があります。
特に北海道では、雨雲が予想以上に発達して降水域が集中した場合、警報級の大雨になる可能性もあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意して下さい。

画像C

また、6日以降も低気圧や前線の影響で北海道と東北北部は曇りや雨の日が予想されており、東北北部は「梅雨明けなし」となる可能性があります。(※「立秋」までに梅雨が明けない場合、気象台は「梅雨明け」を発表しません。)

北海道は今後の台風4号の動向にも注意

画像D

また、北海道では7日頃にかけて台風4号の動きにも注意が必要です。
台風4号は、午後6時現在、中国の華中付近を北に時速15キロのゆっくりとした速さで進んでいます。日本付近に張り出した太平洋高気圧の淵に沿って進みながら、次第に進路を東寄りに変え、6日日中には温帯低気圧に変わる見込みです。

画像E

ただ、温帯低気圧になっても、中心付近の風は台風の時より弱くなるものの、強風域が広がる可能性があり、低気圧の今後の発達状況によっては大雨になる可能性があります。
引き続き最新の気象情報の確認をお願いします。