あす6日も東北南部から九州にかけて、午後は大気の状態が不安定となるでしょう。特に東日本や東北南部の山沿いではカミナリを伴って激しい雨の降る所がありそうです。お帰りの時間帯、濡れてしまわないようお気をつけください。

6日午後も 大気の状態が不安定

あす(6日)も東北南部から九州にかけては高気圧に覆われるため、夏空が広がる予想です。内陸部を中心に35度以上の猛暑日となる所もあり、厳しい暑さとなるでしょう。日中の気温の上昇に伴って、午後は大気の状態が不安定となりそうです。きょう(5日)ほど不安定なエリアは広くないものの、あすも山沿いを中心に局地的にカミナリを伴って激しい雨が降るでしょう。空模様の急な変化に注意が必要です。

あす 雨の降る所は

画像B

低気圧や前線の影響を受ける北海道は、雨が降りやすく、所々でカミナリを伴って激しく降るでしょう。東北北部は明け方まで雨が降りますが、天気は次第に回復する見込みです。
一方、東北南部から九州にかけては、夏空が広がるでしょう。ただ、午後は大気の状態が不安定で山沿いを中心に雨や雷雨がありそうです。特に、東北南部や甲信、北陸ではカミナリを伴って、バケツをひっくり返したような激しい雨の降る所があるでしょう。雨の降りやすい時間が、お帰りの時間帯と重なりますので、濡れてしまわないようお気をつけください。
沖縄は大体晴れる見込みです。