台風4号は、6日(木)には日本海で温帯低気圧に変わりますが、油断できません。低気圧に変わったあと、再発達し、北海道付近に近づくでしょう。

台風4号の動向

台風4号は、5日(水)15時現在、黄海を北へ進んでいます。6日(木)には日本海へ進み、温帯低気圧に変わるでしょう。ただ、姿を変えても油断はできません。温帯低気圧に変わり、再発達して、7日(金)頃に北海道へ近づく予想です。北海道では荒れた天気となる恐れがあります。また、前線が日本海から東北北部付近に延びて、東北北部でも大雨となる可能性があります。

各地の天気のポイント

画像B

【北海道】6日(木)は前線の影響で雷を伴って断続的に激しい雨の降る所があるでしょう。7日(金)は台風から変わる低気圧の影響で、さらに雨の降り方が強まりそうです。平年8月ひと月の8割程度の雨量になる所もあるでしょう。風も強まり、荒れた天気となる恐れがあります。日本海側や太平洋側では、大雨による低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水に十分注意して下さい。
【東北】北部を中心に雨が続くでしょう。8日(土)頃は活発な雨雲がかかり、大雨となる恐れがあります。最新の気象情報にご注意下さい。東北北部では立秋までには梅雨明けはなさそうです。南部は晴れて厳しい暑さの日が多いですが、8日(土)は雨が降るでしょう。
【北陸〜九州北部】7日(金)から8日(土)かけて、前線の影響を受けるでしょう。所々に雨雲がかかり、ザっと雨脚の強まることもありそうです。
【関東〜九州南部、沖縄】この先1週間も太平洋高気圧の圏内で夏空の広がる日が多いでしょう。最高気温は33℃くらいまで上がる所が多く、所々で猛暑日になりそうです。体にこたえる暑さが続きます。こまめに水分をとるなど、熱中症対策を万全になさって下さい。