きょう6日(木)、九州は最高気温が35度前後まで上がる所が多いでしょう。猛烈な暑さが続きますので、熱中症に十分に警戒して下さい。あす7日(金)から8日(土)は、前線や湿った空気の影響で、九州北部は雨が降りやすくなり、雷を伴い局地的に強い雨や激しい雨のおそれがあります。落雷や雨の降り方に注意が必要です。

きょうも猛烈な暑さ

きょう6日(木)、九州は次第に高気圧の周辺部になるでしょう。日差しと暖かく湿った空気の流れ込みで、最高気温は35度前後まで上がる所が多く、猛烈な暑さが続く見込みです。大分県日田市は最高気温が35度を超えれば、きょうで6日連続の猛暑日になります。
連日の厳しい暑さで、体の疲れもたまりやすくなっていますので、熱中症には一層警戒して下さい。水筒など飲み物を持ち歩き、こまめに水分を摂るようにしましょう。また、暑さが厳しい時間帯は無理をせずに、なるべく涼しい所で過ごしましょう。
また、きょうの午後、九州北部は大気の状態がやや不安定になり、にわか雨や一時雷雨になる所がある見込みです。

7日(金)〜8日(土) 九州北部は断続的に雨

画像B

台風4号は、きょう6日午前9時に日本海西部で温帯低気圧に変わりました。あす7日(金)は台風から変わった低気圧が発達しながら日本海を北東へ進み、前線が日本海を南下する見込みです。この影響で、九州北部は湿った空気の流れ込みが強まり、大気の状態が非常に不安定になります。
あす7日(金)からあさって8日(土)、九州北部は雨が降りやすくなり、雷を伴い雨脚が強まる所があるでしょう。局地的に激しい雨が降り、雨量が多くなるおそれもあります。落雷や雨の降り方に十分にご注意下さい。