きょう7日(立秋)、発達中の低気圧の影響で、北海道は荒れた天気。東北日本海側にも活発な雨雲がかかる。北陸から山陰、九州北部も雨や雷雨。

各地の天気

画像A

今朝は、低気圧や前線に伴う雨雲が北陸から北にかかっています。北海道では雨に加えて風も強まり、沿岸部では傘を差して歩けないほどの所もあります。
【各地の天気】
北海道は曇りや雨で、北部では昼過ぎにかけて滝のような非常に激しい雨の降る所があるでしょう。宗谷地方を中心に、北部では、これまでの雨で地盤の緩んでいる所や増水している川があり、今後の雨で災害の危険がさらに高まるおそれがあります。避難に関する情報を十分に確認し、危険が差し迫る前の安全確保を心がけてください。また、北海道では今夜にかけて風の強い状態が続くでしょう。特に日本海側の沿岸部では、最大風速20m/s(最大瞬間風速35m/s)と、看板などが飛ばされるほどの非常に強い風の吹く所がありそうです。
東北の日本海側は、午前中は広く雨でカミナリを伴って激しく降る所があるでしょう。午後は雨の降り方が落ち着いて、やむ所も多くなりますが、あす土曜日から日曜日にかけては再び雨が強まり、災害に繋がるような大雨となる所がありそうです。
東北の太平洋側は昼前まで晴れ。昼過ぎからは所々で雨や雷雨となるでしょう。
北陸は雨が降ったりやんだりで、カミナリを伴う所もありそうです。
関東と東海は、おおむね晴れますが、午後は山沿いを中心ににわか雨があるでしょう。
近畿から九州にかけて、日本海側は雲が多く、ときおりザッと雨が降りそうです。局地的には雷雨になるでしょう。日差しのある太平洋側も、天気は変わりやすく、所々で雨雲やカミナリ雲が湧いてきます。
沖縄はおおむね晴れるでしょう。

最高気温 暑さ続く 東京都心は今年初の猛暑日か

画像B

発達中の低気圧に向かうように、暖かい空気が流れ込んでいるため、曇りや雨の地域も気温は上がります。
北海道は広く25度を超え、東部では30度に迫る所も。東北と北陸は30度〜33度くらい。関東から西も広く30度を超え、東京都心で36度(今年初の猛暑日か)など、太平洋側では所々で35度以上となりそうです。
きょうも熱中症対策が欠かせません。こまめな水分補給を心がけてください。晴れる所では、日傘や帽子で直射日光を遮ることも大切です。